筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

肩甲骨は寄せるだけじゃなく下げる

肩甲を寄せるほうがいいことはよく言われるようになりました。

ただ、肩甲骨を寄せるのは、実は肩こりの原因となる肩をすくめる筋肉も関与しています。肩甲骨を寄せることばかり考えていては、結局肩こりになってしまいます。

そもそも、肩甲骨はなぜ寄せるのかというと、腕の重さを肩の筋肉ではなく、背中の筋肉で支えるためです。

肩の筋肉、とくに肩をすくめる筋肉で支えてしまうから肩こりになってしまうんですね。この状態がすすむと五十肩のような状態にもなりかねません。

それを防ぐためには、肩甲骨を下げる必要性があります。肩甲骨を下げることで、腕の重さは背中の筋肉にかかり、骨を通して下半身で支えられるようになります。とくに、立位では、重力方向が頭の上から足元に向かうため、この肩甲骨を下げることの重要性が高いです。

また、腕や肩甲骨を背骨と連結させることで、腕の重さを支える役割を果たす強力な筋肉である、広背筋僧帽筋下部は、背骨に向かって少し下方に向いて付着しています。

肩甲骨を下げる方法は、気をつけのように腕を体の横に垂らした状態で、肩をすくめることの反対、肩を下げる方向に力を入れてあげることです。耳と肩との距離を広げるように。わかりにくい人は、一度肩をすくめてからやると、見た目にもわかりやすいでしょう。

やってみると、意外と難しいと思います。肩をすくめることは普段の生活でもしやすいですが、肩を下げることは、多くの人が普段しないでしょうからね。これが慣れの怖さです。いい習慣に慣れさせたいですね。

肩を下げたときには、脇の後ろ側あたりに力を感じることができるのが理想的です。肩甲骨を寄せるのは、立位の場合、この脇の後ろ側あたりに力を感じたまま寄せられる程度で十分です。「肩甲骨を寄せることが重要」とよくいわれていますが、肩甲骨をなぜよせるのかの意義見失ってはいけません。

肩を下げたときに胸に力が入っているように感じる人は肩が前に出過ぎています。

この身体の使い方は、ベンチプレスなどのトレーニングにも活かされるので、ぜひマスターしておきたいものです。

オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.