筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

広背筋

広背筋(Latissimus dorsi)




起始

・椎部:第7~12胸椎の棘突起

・腸骨部:すべての腰椎と仙骨の棘突起の胸腰筋膜

・肋骨部:第9~12肋骨

・肩甲骨部:肩甲骨の下角

停止

上腕骨の小結節稜(前面)

作用

上腕の内旋、内転、後方挙上(上腕を後方に引く)、呼吸補助(呼息、咳嗽筋)

神経支配

胸背神経(C6~C8)

コメント

図ではわかりにくいですが、停止部近くが少し捻じれています。そのため、上腕が外転していたり、挙上しているときに強く働くようになっています。

肩甲骨にも付着しており、肩甲骨や腕を下方に下げ、肩の力を抜かせる役割も果たします。体幹を側屈させることもできます。

また、広背筋に力が入ることで、腕と脊柱が連結し、手に持った負荷を、体幹で支え、腕の負担を減らすことができます。

広背筋の働きの大部分は、この腕と脊柱の接続にあります。

オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Twitter(バナークリックでリンク)

ま~さんはパーソナルトレーナーしています!

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.