筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

長趾伸筋

長趾伸筋(Extensor digitorum longus)

起始

の外側顆、腓骨頭、腓骨前縁、下腿骨間膜

停止

4本のに分かれ、第2~5趾の趾背腱膜、第2~5趾の末節骨底

作用

・距腿関節:背屈

・距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):外反(回内)→足底前部を外側に向けること

・第2~5趾の中足趾節(MTP)関節、近位趾節間(PIP)関節、遠位趾節間(DIP)関節:伸展

神経支配

深腓骨神経(L4~S1)

コメント

前脛骨筋などとともに、距腿関節の背屈に作用します。前脛骨筋の背屈作用が弱くなると、この筋肉が背屈に大きく動員されるようになっていき、足の縦アーチを奪い、つちふまずをつぶしてしまう可能性があります。そうならないためには、ふくらはぎのストレッチをよく行い、足指をグーにする練習をよくするようにしてあげるといいでしょう。背屈でここが大きく動員されている人は結構多いです。

【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢が良くなる

トレーニングにおける姿勢とはトレーニングフォームです。つまり、この本は足裏を気にかければトレーニングフォームが良くなるということについて書いているのです。この本の内容を理解できれば、トレーニングにおいてほとんど鏡を見なくても済むようになってきますし、トレーニングで怪我をすることも減るでしょう。

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.