筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

後脛骨筋

後脛骨筋(Tibialis posterior)

 

起始

下腿間膜、脛骨と腓骨の隣接面

停止

舟状骨粗面、内側・中間・外側楔状骨、第2~4中足骨底

作用

・距腿関節:底屈

・距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):内反(回外)

・縦足弓と横足弓の保持

神経支配

脛骨神経(L4~S1)

コメント

下腿後方区画の真相に位置し、長趾屈筋、長母趾屈筋とともに、内返し筋群と呼ばれることもあります。内返し筋群の中でも後脛骨筋はとくに回外の作用が強いです。つちふまずの形成に重要な役割を果たしています。

【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢が良くなる

トレーニングにおける姿勢とはトレーニングフォームです。つまり、この本は足裏を気にかければトレーニングフォームが良くなるということについて書いているのです。この本の内容を理解できれば、トレーニングにおいてほとんど鏡を見なくても済むようになってきますし、トレーニングで怪我をすることも減るでしょう。

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.