筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

大腿筋膜張筋

大腿筋膜張筋(Tensor fasciae latae)

起始

上前腸

停止

腸脛靭帯

作用

・大腿筋膜の緊張

・股関節の外転、屈曲、内旋

神経支配

上臀神経(L4~S1)

コメント

数少ない股関節内旋筋です。大殿筋とともに、腸脛靭帯を通して、大腿外側をカバーするとともに、大腿骨が骨盤から外れないように抑え込む役割もあります。腸脛靭帯を通して膝関節を超えていながら、膝関節に対する作用はないみたいです。腸脛靭帯がほぼ脛骨のちょうど外側についているのと、けいこつの上端ぎりぎりについているのが原因でしょうか。付着から見ると、大腿筋膜張筋が固くなることによる脛骨の外側へのズレは、注意していたほうがよさそうです。

【kindle電子書籍】足裏を気にかければ姿勢が良くなる

トレーニングにおける姿勢とはトレーニングフォームです。つまり、この本は足裏を気にかければトレーニングフォームが良くなるということについて書いているのです。この本の内容を理解できれば、トレーニングにおいてほとんど鏡を見なくても済むようになってきますし、トレーニングで怪我をすることも減るでしょう。

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.