筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

倒立で大事な柔軟性~手の骨の上に身体を積み上げるために~

最強の上半身トレーニング、倒立に励んでいますか?(笑)

 

倒立をしていく中で、どうしても足を天に伸ばすことができずにすぐに地面に舞い戻ってくる、なんてことになっていませんか?

 

その原因は、筋力が足りないというのも、1つなのですが、もしかすると、別の原因があるのかもしれません。

実は、倒立で大事なのは「手首の柔軟性」なんです。手首の柔軟性が、倒立中のバランスを決めるといっても過言ではないと思います。

 

手首は、立っているときの足首も同様なのですが、一番下にある関節になるため、この部分が固くなると、どうしても、重心が腹側にきてしまい、直立しにくくなってしまいます。

 

かといって、手首の柔軟性がいきなり上がるなんてことはないです。

 

ただ、倒立する前に、手首を背屈方向にストレッチ&自分の力で背屈方向に動かすことをしてあげると、うまく直立しやすくなります。

 

こんな簡単なことでと思われるでしょうが、なにもせずに1度倒立してから、上記の手首の運動を行い、再度倒立すると、その違いが実感できます。

 

倒立でうまく直立できないという人は1度試してみてください!

 

【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~』

「歩く」という日常敵に行う動作には、身体の使い方で重要な要素が詰まっています。「歩き方」に「できるだけ身体の負担を減らす」という視点からメスを入れ、重力や身体構造から理論的に導き出した歩き方を提案しています。歩くことに関心がなくても、本書の内容はトレーニングに役立つ知識満載です。本書の視点からトレーニングを見直せば、きっと傷害予防・挙上重量向上の大きなるヒントになってくれるでしょう。

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.