筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

何を目的に筋トレしますか?~大事なのは目的と手段の合致~

あなたは、なにを目的に筋トレをしてますか?

 

筋肉をつけてゴリマッチョな体になるため?

 

適度な筋肉をつけて細マッチョな体になるため?

 

力をつけるため?

 

筋肉をつけて代謝をあげてダイエットの一環?
個人的に筋トレとは、「筋力トレーニング」であり、本来は自分の「力」を高めるためにおこなわれるもので、簡単にいえば、いかに重いものを持ち上げられるかの練習だと思っています。

 

とはいっても、これは僕の個人的な考えであり、どんな目的で筋トレをやっていようと僕は否定する気はありません。筋トレの目的は十人十色だと思います。

トレーニングにこだわりがあると、どのトレーニングが正しいとか間違っているなどという主張がなされてしまいがちなんですが、僕は怪我につながる、またはどこかを痛めてしまう方法でなければ、あるいはそのリスクも承知のうえであれば、問題はないと思います。トレーニングをする時点でリスクがまったくの0になることはありえないですし。

 

大事なのは、どんな目的でトレーニングするかではなく、その目的に対して適した手段(トレーニングかどうか関係なく)がとられているか、ということです。

たとえば、筋肉を大きくするこがを目的なら、できるだけ狙った筋肉に負荷をかけるようにしないといけませんし、力をつけたいなら、どのような動作の仕方をすれば力を発揮しやすいのかも考えなければなりません。

 

また、ただ単に痩せることを目的としているなら、もしかするとトレーニングをするよりも食事制限をしたほうが近道な人もいるかもしれません。

 

僕が声を大にして言いたいのは、目的に対してできるだけ適した手段をとりましょう、ということです。

 

筋トレは万能ではありません。

 

筋トレは、自分の目的を達成するための一つのツール(道具)ととらえるのがちょうどいいと思います。

【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~』

「歩く」という日常敵に行う動作には、身体の使い方で重要な要素が詰まっています。「歩き方」に「できるだけ身体の負担を減らす」という視点からメスを入れ、重力や身体構造から理論的に導き出した歩き方を提案しています。歩くことに関心がなくても、本書の内容はトレーニングに役立つ知識満載です。本書の視点からトレーニングを見直せば、きっと傷害予防・挙上重量向上の大きなるヒントになってくれるでしょう。

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.