筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

筋力トレーニング

格筋の出力・持久力の維持・向上や、筋肥大を目的とした運動のことをいいます。目的の骨格筋に対して抵抗(resistance)をかけることによって行うものはレジスタンストレーニングとも呼ばれます。

 

抵抗のかけ方は、重力慣性を利用するもの、油圧や空気圧を用いるもの、ゴムの弾性を用いるものなどいろいろあります。重力による抵抗を用いる場合は特にウェイトトレーニングと呼ばれます。ここでいう重力は、ダンベルの重さや、マシンのウェイトの重さも含まれます。

「筋力」って聞くと、身体が発揮することができる力ととらえられたり、筋肉が収縮する力ととらえたりすることがあるんですが、僕は、筋力は前者で、後者は「筋収縮力」と呼んでいます。

【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~』

「歩く」という日常敵に行う動作には、身体の使い方で重要な要素が詰まっています。「歩き方」に「できるだけ身体の負担を減らす」という視点からメスを入れ、重力や身体構造から理論的に導き出した歩き方を提案しています。歩くことに関心がなくても、本書の内容はトレーニングに役立つ知識満載です。本書の視点からトレーニングを見直せば、きっと傷害予防・挙上重量向上の大きなるヒントになってくれるでしょう。

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.