筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

トレーニング動作の範囲

フルレンジ…基本的には、最大可動域のことをいいます。トレーニングをする際、最大可動域を用いることで最大のトレーニング効果をあげることができると一般的には言われています。しかし、管理人はそう思いません。詳しくはトレーニング動作はどんな重量でもフルレンジで行われるべきか?を見てください。

 

パーシャルレンジ…部分的な可動域のことをいいます。筋肉は負荷がかかればかかるほど、張力がかかるため、可動範囲が狭くなります。あえて、パーシャルレンジで動作するトレーニング法もあります。

 

僕自身は、トレーニングのセットの中で、最初の余裕のあるうちはフルレンジで行い、終盤のきつくなってきたときにパーシャルレンジに切り替えるみたいに、動作範囲を使い分けています。

 

というのも、フルレンジで動かせるということは、まだまだ余力があるということだからです。

 

前述のとおり、筋肉に負荷がかかるほど可動範囲が狭くなります。もっといえば、発揮できる筋力が小さくなると、可動範囲が狭くなるのです。

 

たとえば、ベンチプレスで考えてみます。

 

セットの最初のうちは、バーベルを胸までしっかり下げることができるでしょう。しかし、だんだんと胸まで下げるのが辛くなります。

 

これは、ベンチプレスにおいて、いちばん筋肉が力を発揮しなくてはいけないポイントがバーベルを下げたときだからです。肘を曲げることでの積み木を崩し、筋肉で支える必要が出てくるからです。

 

そして、終盤では疲労するに従って、胸まで下ろせなくなってきます。最終的にはほとんど肘をまげることができなくなるでしょう。

 

そして、セットの最後、肘を伸ばした状態ですら支えるのがしんどくなってきます。ここまできて、ようやくセット終了です。

 

骨の積み木が積まれ、骨の支えがあってもなお力が発揮できない状態に追い込むように僕はトレーニングします。

 

【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~』

「歩く」という日常敵に行う動作には、身体の使い方で重要な要素が詰まっています。「歩き方」に「できるだけ身体の負担を減らす」という視点からメスを入れ、重力や身体構造から理論的に導き出した歩き方を提案しています。歩くことに関心がなくても、本書の内容はトレーニングに役立つ知識満載です。本書の視点からトレーニングを見直せば、きっと傷害予防・挙上重量向上の大きなるヒントになってくれるでしょう。

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.