筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

トレーニングは人と比べるものではない、過去の自分と比較するもの

フィットネスクラブなどでトレーニングしていると、どうしても周りの人が気になったりしてしまいませんか?

 

SNSなどでもトレーニング好きの人たちからは「ベンチプレスを〇〇kg挙げた」なんてコメントが飛び交っていたりします。

 

僕も以前は気にしてしまうこともありました。もうすぐ30代になろうとしてますし、年の功ですかね(笑)

 

ライバル心を燃やして頑張れるというのはいいことですが、反面、他人のトレーニングと自分のトレーニングを比較して神経質になってしまうと、悪影響を受けてしまうことがあります。

 

その悪影響というのは、「無理をしてしまうこと」と「やる気を失ってしまうこと」です。

 

たとえば、「スクワットが200kgできた」と他人がいうのが気になったとします。

 

このとき、スクワットと一口にいっても、しゃがむ深さがどれくらいかわからないし、ウェイトベルトをつけているかもしれないし、体重や体格による種目についての有利不利もあるかもしれません。それに、どれだけトレーニングに時間がかけられるかも影響してくるでしょう。

 

そんな条件が様々違う中で、「スクワットが200kgできた」という言葉だけをとらえて、対抗心を燃やし過ぎ、無理をしてしまって怪我をしてしまっては意味がありません。

 

一方、「200kg」という数字があまりにも自分が挙げられる重量からかけ離れすぎて、やる気を失ってしまうというのももったいないです。

 

トレーニングは人によりルールや基準が違うあいまいなものです。パワーリフティングでルールはありますが、これは競技として競うために設けられたものであり、必ずしもトレーニングとして正しい基準ではありません。

 

力比べで誰よりも勝ちたいなら別ですが、トレーニングは基本的に自分との戦いです。

 

過去の自分よりも、どれだけできるようになったか、それこそがトレーニングの効果なのです。

 

たとえ、「そんなけしか挙がらんのー?」と馬鹿にされようが、そういう輩はほうっておけばいいです。

 

本当に努力してトレーニングを積み重ねた人間は、決してそのようなことはいいません。

 

トレーニングをこれからはじめるという人は、周囲の雑音に左右されず、昨日の自分よりも良くなること目指してトレーニングしてほしいなと思います。

【kindle電子書籍】足裏を気にかければ歩き方は良くなる~地面は蹴らない~』

「歩く」という日常敵に行う動作には、身体の使い方で重要な要素が詰まっています。「歩き方」に「できるだけ身体の負担を減らす」という視点からメスを入れ、重力や身体構造から理論的に導き出した歩き方を提案しています。歩くことに関心がなくても、本書の内容はトレーニングに役立つ知識満載です。本書の視点からトレーニングを見直せば、きっと傷害予防・挙上重量向上の大きなるヒントになってくれるでしょう。

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Clever Body Training「気づき」メールマガジン

身体についての「気づき」をスピード重視でお伝えします。登録は下記画像をクリック。

Twitter(バナークリックでリンク)

パーソナルセッション承っています

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.