筋トレの常識を疑い、トレーニングや身体の使い方を追求するサイトです!

スクワットはトレーニングの基本

あなたはスクワットやっていますか?(笑)

 

トレーニングの3大種目として、ベンチプレスデッドリフト、スクワットとあげられます。中でも、スクワットは他のフリーウェイトレーニングの基本となる種目なのです。

 

というのも、ベンチプレスやデッドリフト、ベントオーバーローなど、これらの種目はスクワットを変形させたものだからです。

 

例えば、ベンチプレスは、スクワットの状態からベンチに寝転んだものです。

 

デッドリフトも、僕が思うに、スクワットとの違いは、ウェイトを背中で担ぐのか、身体の前から引き上げるのか、というウェイトの位置の違いくらいで、動き自体には大きな違いはありません。

 

脊柱の動きに合わせ、盤を動かすこと、肩甲骨を寄せて安定させることは、腹筋をメインとしたもの以外のトレーニングには共通する部分になってきます。

 

もし、フリーウェイトトレーニングをこれからしようと思っている人がいたら、自重のスクワットをきっちりと行うことからはじめてみましょう。

 

脊柱と骨盤の動きを合わせることが意外と難しいことがわかるでしょう。

 

尾てい骨から後頭部までを一体のものとして動かすように、そのラインに棒状のものを背中に沿えて固定し、スクワットするようにするとコツがつかみやすいと思います。

スクワットしている間、①頭、②肩甲骨の間あたり、③骨盤の3点が常に棒にあたって離れないように行えたら理想的です。

オンラインワンポイントパーソナル

文章・画像・動画により、あなたのトレーニングに関するお悩みを解決に導きます。詳しくは下の画像をクリック!

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




著作『足裏を気にかければ歩き方はよくなる~地面は蹴らない~』

Twitter(バナークリックでリンク)

ま~さんはパーソナルトレーナーしています!

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.