ようやく腰も気にならなくなってきて、トレーニングできるようになってきました。プロテイン様様なのか(笑)

ただ、最近トレーニングしていて、思ったよりも腰に負担かかっているの感じるようになりました。

できるだけ腰に負担がかからないようにトレーニングしているとはいえ、腰の筋肉を使わないようになるわけではないし、まして、僕は最近週3回はトレーニングにいっており、1回につきビッグ3(ベンチプレススクワットデッドリフト)のいずれかの1RMの重量をあげていました。

当然、筋肉痛が完全に抜けることはなく、常にどこかに筋肉痛を感じながらトレーニングしていました。とくに腰は常に筋肉痛でした。

現在、腰にほぼ違和感なくトレーニングできるまでになっていますが、やはり、腰にかかる負担に関しては敏感になっています。すると、どのトレーニングをするにしても腰の筋肉が張ってくるのがわかるんですね。

臀筋も最初は力が入っている感覚をもってやっているけど、セットが進むにつれておろそかになっていたりして、結局腰頼りのトレーニングになってしまっています。

トレーニングに関しては細かい気づきがいろいろあるのですが、なによりも実感させられたのが、トレーニングで無茶しすぎですね。

これからは、自分の最大に挑むのは週1にして、あとは補助として重量を落としたトレーニングに切り替えることにしました。

あと、普段の姿勢でも、かなり腰を使っているなと気づきました。自分では腰をそらさないようにしていましたが、結構腰まわりが張っていました。ずっと、肩には注目して背中の筋肉は意識していましたが、臀筋の意識が抜けていました。

そこで、姿勢に関しては、全身の力が抜けてくる、とくに腰の筋肉の力が抜ける姿勢を探し続けました。そして、を積み上げる感覚と、腰椎の仙骨に近いところがとくに固くなって、丸められないのにも気づけました。

今は、この腰椎の柔軟性をあげるべく、腰椎を丸める運動を取り入れています。

以上まとめると、僕がデッドリフトで腰を痛めた経験からみなさんにも気をつけてほしいことは
•腰は思っている以上に疲れている、よく休ませてあげること
•日常の姿勢は、常に関心をもって、ちょくちょく調整しなおすこと
•臀筋は人間の象徴、ここは以外と抜けやすいので、気をつけること

です。トレーニングで腰を痛める人が少しでも減ればうれしいです。



LINEで送る
Pocket