トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

ま~さんのトレーニングの歴史とホームページを作るきっかけ

このページを読まれているということは、プロフィールをきちんと読んでくださったのですね、ありがとうございます!

 

このページではタイトル通り、僕の筋トレの歴史とこのホームページを作るきっかけを書かせてもらってます。多少プロフィールとかぶる部分もありますが、お時間あればぜひ読んで行ってくださいね!

 

かれこれさかのぼること高校生になったばかりの春、僕は筋トレをはじめました。なので筋トレ歴は11年(2013年現在)くらいになります。

 

ところで、あなたは筋トレについて自分で種目の内容や順番を工夫したり、コツを見出したりなど、深く考えたことがありますか?

 

このサイトをここまで見ていただいたということは、筋トレに少しでも関心がある人だと思います。その中でも、実際にトレーニングをされているという人は、ちょっとその歴史を振り返ってみてください

 

。。。振り返れました?

 

今、あなたの行っている筋トレは、はじめたころと同じやり方でやっていますか?同じ順番でやっていますか?

 

たぶん、違うと思います。

 

それは、トレーニングをやっていくと、実感として自分でこうしたほうがいいと感じることもあるし、「もっと効率よく鍛える方法はないか?」「もっと効果的に鍛える方法はないか?」と探し始め、自分なりの改良を加えていくからです。

 

人のトレーニングを参考にしたり、筋トレの本を買って勉強し、ネットで筋トレの情報サイト等を見、またトレーニングを繰り返すことで感じたり。。。

 

僕も日々自分なりに研究・実践してきました。

そこで、僕のトレーニングの歴史を振り返り、ホームページ作成のきっかけも書いていくのよろしければお付き合い下さい。

 

まず、僕が筋トレを始めたのは、高校入学がきっかけでした。

 

僕だけかもしれませんけど、この年頃って、なんとなく妙な自信あふれてませんでしたか?

僕はあふれてました(笑)しかし、高校に入ってその自信はもろくも崩れることになります。クラスの人たちともなじんできたころ、クラスの中で、ちょっと筋肉質な子が片手腕立て伏せを披露したんです。

 

そこで、妙な自信にあふれている僕は、すぐその場でやってみました。。。もちろんできません(笑)

その場では「できないやー」とか言って笑って談笑していた僕でしたが、内心は悔しさでいっぱいでした。

 

そこで!片手腕立て伏せができるようになるよう体を鍛え始めます。

このころはひたすら腕立て伏せしてました。そしてやってみるとまず気づきます。両手の腕立て伏せすら簡単にはできなかったことに。。。(笑)

当然です。いくら中学時代に運動部に所属していたとはいえ、トレーニングらしいトレーニングはしたことなかった、がりがりだったのですから。

 

それから、僕は中学校のころと同じく、サッカー部に所属することになりました。僕の通っていた高校はグラウンドが狭かったので、陸上部、ソフトボール部、サッカー部、ラグビー部が2グループに分かれ、曜日ごとに前半・後半で交互に使っていました。陸上部、サッカー部が前半の日はそれらが16時半までグラウンドを使え、ラグビー部、ソフトボール部がそれ以降使える、そして次の日はその逆という感じでクラブ活動をしていました。

 

入部してからしばらくたったある前半の日の練習中、グラウンドの隅で前半組が終わるのを待っているラグビー部の数人がベンチプレスをやっているのを目撃します。

トレーニング器具を使ったことなかった僕は、トレーニングの花形種目でもあるベンチプレスがやりたくてやりたくて仕方ありませんでした。

 

そしてとうとう、ある後半の日のクラブの練習が終わり、顧問の先生が帰った後、ラグビー部のところからベンチとバーベルとウェイトを持ち出し、はじめてベンチプレスをすることができました。

 

それからというもの、後半の日のたびにベンチプレスをしました。

部活が終わってからトレーニングをはじめ、部員が帰ってグランドに誰一人いなくなり、グラウドの管理人が門の鍵を閉めにくるまでやっていました。

 

なので、サッカー部のメンバーからは「こいつの部活は筋トレのウォーミングアップやで」と笑われるくらいでした。

 

そんな感じでトレーニングしてたので、ベンチプレスが最初40キロくらいを1回挙げるのがやっとだったのに、そのうち余裕であげられるようになり、クラブを引退するころには80キロ手前くらいならなんとか挙げられるようになっていました。

 

そして、引退してからは現在屋外トレーニングを行っている、市立公園の中にあるトレーニング室に通うようになりました。受験勉強もあるのに、週に3~4回、1回4、5時間というとてもハードな頻度でやっていました。毎回トレーニングルームにあるランニングマシン以外のほぼすべてのマシン・ウェイトを使い、徹底的に鍛えてました(笑)

 

そんな生活も大学入学とともに一変します。

 

大学では弁護士になるため、入学するやいなや司法試験の勉強をはじめます。

 

勉強の時間を確保しなければならない。かといってトレーニングはやめたくない。そこで、短時間で効率的に鍛えるトレーニング法はないか模索し始めます。

 

ここにきてはじめて、超回復等の一般的に言われているトレーニングの基礎知識を知りました。そして、種目等も全身を鍛えるうえで最低限やるべき種目を自分で絞りました。大学入学してからの2年間でトレーニング時間はどんどん短くなっていき、ついには1回1時間くらいにまで短縮されてました。

 

ところが大学3回生手前くらいで、弁護士を目指すのを挫折して勉強をやめてしまいます。

 

そして3回生になってから生活がまた一変します。今までの勉強のうっぷんを晴らすかのように頻繁に飲みにいくようになりました。そのためのお金を稼ぐためにバイトもしはじめます。

このころにはベンチプレスが100キロは1回挙がるようになっていました。

しかしその一方で手首や肘や肩が痛むときが多くなってました。

 

そんなこんなで飲みにバイトに忙しくなり、トレーニングにかける時間は増えるどころか今まで以上に少なくなっていきました。

そのため、トレーニングをさらに効率よくする方法を探しました。

 

まず、ウェイトを変えている時間や、順番待ちの時間がもったいないと思ったので、トレーニング室にいくのをやめました。

できる限り自重トレーニングに切り替え、スロートレーニングという方法を知り、取り入れました。

 

ただ、当時はスロートレーニングに関しては、内容をちゃんと調べはせず、名前からとにかくゆっくりやるんだろうと勝手に解釈し、取り入れていました。このころのトレーニング時間は1時間を切っていて、1回30分程度だった時期もありました。

 

そして大学を無事卒業し、就職しました。

いろいろあって4か月足らずで退職してしまいました。そして、パーソナルトレーナーを目指すことになります。

 

そして、トレーナーの資格取得のために学校に通うようになりました。

 

学校ではトレーナーとして必要なトレーニングその他技術などをいろいろ勉強できました。

そんな勉強の中、やはり効果的なトレーニングには負荷となる十分な重量が大切だと感じ、自重中心のトレーニングからフィットネスクラブに通い、ウェイトトレーニングをするようになりました。

一方で、勉強する中でさまざまな疑問がぼんやりとですが頭の中に浮かんできました。

 

はじめてはっきりした疑問は、「なんで筋肥大だと8~12レップできる重量なんだ?」だったように記憶してます。

 

トレーニングをしている人なら、「え?当たり前だろ?」と思われると思います。

 

事実、ほとんどのトレーニング関係の本にはそう書かれているし、トレーニングに関するサイトでもそう書かれているのがほとんどです。フィットネスクラブに行けば、マシンの説明に書いてあるくらいです。

 

では1~7のレップの重量では筋肥大しないのでしょうか?

 

というのは極端だと思いますが、僕は気づかないうちに正しいトレーニング知識といわれているものを前提としてトレーニングの良し悪しを判断するようになっていたんです。

 

この前提を疑い出すと、もう止まりません。

じゃあ筋持久力はどうなの?筋力は?そもそも筋力って?1RMって?1レップってどこからどこまでをどのくらいのスピードで動かすと1レップなの?超回復?成長ホルモン?休息時間?頻度?強度?。。。。

 

そんなことを考えていくうちに、分かったことがありました。

それは、自分の経験からはっきりいえることは、トレーニングの方法はどうであれ、『継続』することによって効果があらわれるということだけだったのです。

 

10年以上やってきて、実はたったこれだけのことしかわかっていなかったのです。僕はトレーニングについて考えていたようで、知識といわれるものをつけるうちにすこしづつ考えるのをやめていたのかもしれません。

 

こんな状態では人にトレーニングを教えることなんてことは到底できません。。。

 

僕はそれだけで一般的に基礎知識とされているものが間違っているともいえませんでした。正直いうと、正しいのか間違っているのか分からない状態なのです。。。

 

そこで、トレーニングというものをもう一度ちゃんと考えて、さらに文章にして世間の意見も聞きたかったため、このホームページをつくりました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

そして、現在、ホームページ作成から1年が経過しました。

読み返してみるとあまりに上から目線な文章だったので思わず修正を加えてしまいました(笑)

 

現在では考え方も柔軟になり、いろいろな考え方を認めて受け入れることができるようになりました。

なので、これかもどんどん考え方が変わっていくと思います。

 

そんな変化も感じてもらえるような、そんなホームページにしていけたらなと思ってます。

 

本当はホームページ名を変えたいところなんですが、ホームページを作ったころの未熟さと勢いを忘れないために、あえてこのままで続けて行こうと思います。

 

このホームページ『筋トレの常識を疑え!』は、見てくれるみなさんに楽しんでもらえるよう、役に立てるように運営していきますのでよろしくお願いします。

 

最後に、「タイトルと記事の内容がずれちゃってんちゃうの?」というツッコミはご勘弁くださいませ(笑)

 

 




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

管理人について




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

管理人について




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.