トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

人間はやりたいことしかしない

あなたは、「転職したい」「やせたい」「筋肉つけたい」など、「~したい」と思っていることがありますか?

 

いつから思ってますか?少しでも、その思い通りに近づいていますか?

 

もし、近づいているならば、素晴らしいです。その調子で頑張ってください!

 

もし、なにも変わらない、というのであれば、「~したい」と思っていることが、本当に、心の底から思っているかどうかを見つめなおす必要があるでしょう。

 

なぜなら、「人間はやりたいことしかやらない」からです。

 

たとえば、「転職したい」という思い。

 

あなたが、今の仕事の収入が少なく、より収入の多い仕事に転職したいと考えていたとします。

 

転職するためには、転職活動(仕事を探し、応募し、面接を受ける)しなければなりません。

 

本当に転職したいと考えているならば、今はインターネットでいくらでも探せるので、すぐにでも仕事を探し始めるでしょう。

 

そして、良さそうな仕事を見つけたならば、応募し、面接の準備をするでしょう。

 

一方、転職したいと表面上思っているだけの場合、なかなか転職準備はすすみません。

 

「時間がない」は言い訳です。

 

なんだったら、今の仕事をやめてから仕事を探したっていいわけです。

 

それができないのは、たとえ、収入の少ない今の仕事でも、無職になって転職活動するより安全だからです。

 

だって、今まで通りにしていれば、少なくても、今まで通りに収入が入ってきますし、転職活動は大変でしんどいですもんね。ましてや無職になったら収入がなくなるというリスクもついてきます。

 

つまり、今の現状を変えるよりも、現状のままのほうが楽だから、楽なままでいたいのです。

 

上の例でいうと、たとえ自分では気づいてなかったとしても、心の底では「今の仕事を続けたい」と思っているです。

 

人は、自分で心の底の思いに目を向けないようにするためなのか、言い訳が上手です。もちろん僕も上手です(笑)

 

実は、身体も同じです。

 

身体も変化を嫌い、現状のままでいようとします。恒常性あるいはホメオスタシスと言われる性質ですね。そして、もし、現状を変化させられそうになったとしたら、脳に作用して変化しないような欲求を出させたり、身体をだるくしたり、頭痛を起こしたりというような、言い訳よりも強力な回避方法を取り始めます。

 

現状のままで生存できているのに、変化してしまったら、死んでしまうリスクが出てきます。生存本能によるものなんでしょうね。

 

人間の言い訳の上手さも、もし生存本能からきていると考えれば納得できますね!

 

痩せようとするために食事制限しようとしたり、筋肉をつけるためにトレーニングに励もうとすること、つまり変化することは、生存本能を乗り越えるだけの覚悟とエネルギーを必要とします。

 

トレーニングで身体を変えたいならば、覚悟(思い)をもってはじめなければいけません。楽な方法なんてありません。

 

頑張っても変わらないと悩んでいるあなた、自分が本当に変化を望んでいるか、心の底の声を聞いてみてください。



LINEで送る
Pocket

管理人について




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

管理人について




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.