トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

肩甲骨は寄せるだけじゃなく下げる

肩甲を寄せるほうがいいことはよく言われるようになりました。

 

ただ、寄せるだけだと、肩をすくめたままでも寄せることができてしまいます。

 

そもそも、肩甲骨はなぜ寄せるのかというと、腕の重さを肩の筋肉ではなく、背中の筋肉で支えるためです。

 

肩の筋肉で支えてしまうから肩こりになってしまうんですね。ひどいと五十肩のような状態にもなりかねません。

 

それを防ぐためには、肩甲骨を下げてあげる必要性があります。

その方法は、気をつけのように腕を体の横に垂らした状態で、肩をすくめることの反対、肩を下げる方向に力を入れてあげることです。耳と肩との距離を広げるように。

 

やってみると、意外と難しいと思います。肩をすくめることは普段の生活でもしやすいですが、肩を下げることは、多くの人が普段しないでしょうからね。

 

肩を下げたときに、脇の後ろ側あたりに力を感じることができるのが理想的です。

 

この身体の使い方は、ベンチプレスなどのトレーニングにも活かされてくるので、ぜひマスターしておきたいものです。




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.