トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

肩甲骨はなぜ動かせないといけないのか?

最近、肩甲に関する話がテレビなどでも注目されるようになり、「肩甲骨が動くことが大事」という認識は、トレーニングをしない一般の人にも広がってきているように感じます。

 

ただ、「肩甲骨が動くことがなぜ大事か?」と聞かれると、答えられる人はかなり少なくなってしまうんじゃないでしょうか?

 

そこで、今回は肩甲骨を動かさなければならない理由について書いていきます。

 

あなたは、肩甲骨について、どのようなイメージがありますか?

 

背中に生えた「羽」のようなイメージを持っている人が多いんじゃないでしょうか?

 

僕も人に説明するときにわかりやすいので、そういう説明をすることがあります。

 

確かにそれは正しいです。しかし、不十分です。

解剖の書籍で肩甲骨を見てもらえればわかりますが、肩甲骨は実は羽の部分だけでなく、上腕の骨の球の部分を受けている受け皿の部分も肩甲骨なのです。

 

この球と受け皿の部分が肩関節(肩甲上腕関節)です。肩関節は球関節なので、比較的自由に動く関節ですが、筋肉や靭帯の関係上、ある程度の制限がかかります。

 

たとえば、大砲をイメージしてほしいのですが、大砲を前方に向かって撃つためには、発射台が前を向いてなければ前方に撃てません。上方に撃つためには同様に発射台が上を向いていなければなりません。

 

肩関節も同じです。腕を上にあげるためには、肩甲骨である受け皿部分が上のほうを向かなければ、腕を上げにくいのです。なぜなら、受け皿が上を向いてくれないと、腕を挙げるために必要な三角筋前部の負担が、受け皿が動かなかった場合よりも増えてしまうからです。

 

まとめると、肩甲骨が動かさなければならないのは、肩関節を効率よく動かすためであるということができます。

 

もっといえば、腕を動かすのに必要な「小さくて弱い」三角筋にかかる負担を、肩甲骨を動かす「大きくて強い」背中の筋肉に分散するためであるといえます。背中の筋肉の力をできるだけ有効に使うため、広い付着部分をつくるべく肩甲骨は羽のように大きいのです。

 



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.