トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

「乗せる」と「押す」の違い〜無駄な力を使わないために〜

本ホームページでは、「乗せる」と「押す」を使い分けています。これは、無駄な力を抜き、必要なところで力を発揮するために重要な概念です。

 

では、「乗せる」と「押す」の違いとは一体何でしょうか?

例えば、立っている状態で考えてみましょう。

 

普段何気なく立っているとき、床を「押す」なんて意識はないはずです。実は、このとき、重力によって床に向かって体重分、力が発生している状態なのです。

 

「押す」意識がないのは、重力によって力が発生しているからですね。

 

そして、この体重分の力の発生に対して、床は、立っている人に対して、重力で発生した力と同じ分だけ、反対向きの力(体重で押された力は下向きの力なので、この場合は上向き)の力が発生します。

 

この、押されると押し返される力のやりとりのことを、作用反作用の法則といいます。ニュートンの法則の第3法則ですね。

 

この法則により、力の釣り合いがとれ(力を打ち消し合い)、立って静止している状態が成り立っているのです。床は動かないので、加えられた力をそのまま返すだけになります。
この必要最低限度の力を与えている状態が「乗せる」なのです。

 

では、ジャンプしようとするときはどうでしょう。

 

このときは、しっかりと床を踏み抜こうとするはずです。つまり、床を「押し」ます。

 

この床を押す力が身体を浮かすのに充分加えられると、ジャンプできます。床が動かずに与えられた力を跳ね返してくれるからですね。この必要最低限以上に力を加えた状態を「押す」といいます

 

さらに、ジャンプするには至らないけど、体重以上の力で床を押した場合はどうなるでしょうか?

 

たとえば、床の上に立った状態で、床を踏みつけようとしてみてください。

 

どうなりましたか?

 

おそらく、大腿や臀部に力が入るだけで、身体は微動だにしないでしょう。トレーニングにとっては重要な部分になることもあるのですが、これは「立つ」という行為においては、無駄な力になります。

 

そのため、無駄な力を使わないようにするためには、「乗せる」で十分な場合と「押す」必要がある場合を、的確に使い分ける必要があります

 

余談ですが、ここまでは、力を加える話をしてきましたが、逆に、体重以下の力、厳密には床に与える力が「立つ」のに最低限必要な分以下になった場合はどうでしょうか?

 

この場合は、膝が曲がり、しゃがんでいくことになります。

 

しゃがんでいった状態から、床を「押す」と、再び立ち上がっていき、スクワットになります。

 

この記事で書いたことは、腕立て伏せなどの手をつかったものも同様です。ぜひ、頭の片隅に入れてトレーニングしてみてください。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.