トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

BMI~身長と体重だけ見た肥満度~

BMIとは、Body Mass Indexの略で身長と体重との関係から、肥満度を表す体格指数のことをいいます。

 

計算式は

 

体重(kg)÷身長(m)の2乗=BMI

 

です。身長がcmではないことに注意してください。

 

BMIは、国際的に使われている体格指数で、WHO(世界保健機構)では、25以上を「太り気味」、30以上を肥満としていますが、日本では30を超える肥満者は非常に少ないです。そのため、日本肥満学会では、22を標準値とし、25以上を肥満としています。

 

22を標準値とした理由は、22が肥満を原因とした病気にかかりにくいと考えられているからです。

BMIは簡単な計算式で肥満度が判定でき、集団の健康把握には役立つ指標です。ただ、BMIは身長と体重しか考慮していないので、体重は重いが筋肉量が多いアスリートのような場合や、体重は軽い体脂肪量が多い隠れ肥満の場合などを見分けることができません。

正しく肥満の判定を行うのに役立つのは、体脂肪率の測定です。

 

体脂肪率は体脂肪計で測るのですが、測る時間帯によって、体脂肪率が大きく変わってしまったりします。これは、体内の水分量や水分の分布が測定を左右するためで、食事前後でも測定値は変わってしまいます。

 

体脂肪率の変化をなるべく正確に把握するためには、毎日同じ条件で体脂肪計に乗る必要があります。

 

経験上、乗る体脂肪計によっても体脂肪率は変化するので、数値自体をうのみにするのではなく、ある程度の期間測定を続けて、その数値の変化の具合を確認するようにしたほうがいいでしょう。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.