トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

腹筋群

腹筋群には、4枚の筋が重なって存在する。表層から、外腹斜筋(External oblique)、内腹斜筋(Internal oblique)、腹直筋(Rectus abdominis)、腹横筋(Transversus abdominis)があります。また、後部腹筋として、腰方形筋(Quadratus lumborum)、腸腰筋(Iliopsoas)があります。

外腹斜筋(External oblique)

起始

第5~12肋の外面

停止

・腸骨稜の外唇

・腹直筋鞘の前葉、白線

作用

両側が収縮すると、体幹を前屈する。また、骨盤の前縁を挙上する(骨盤後傾にする)。呼気に働き、腹部の緊張を維持する。片側が収縮した場合、同じ側に体幹を曲げ、反対側に回旋する。

神経支配

肋間神経(T5~T12)、腸骨下腹神経

コメント

腹部の最も表層に位置しています。腹部をVの字のような繊維方向でに覆っています。腹部で最も大きい筋肉です。内腹斜筋と協調し、体幹を回旋させます。腹斜筋は、腹直筋以上に腰痛予防に効果があるといわれています。

図の板チョコ部分の白いところは、外腹斜筋膜です。

内腹斜筋(Internal oblique)

起始

胸腰筋膜の深葉、腸骨稜の中間線、上前腸骨棘、鼠径靭帯の外側1/2

停止

・第10~12肋骨の下縁

・腹直筋鞘の前、後葉、白線

・精巣挙筋との境界

作用

両側が収縮すると、体幹を前屈する。また、骨盤の前縁を挙上する(骨盤後傾にする)。呼気に働き、腹部の緊張を維持する。片側が収縮した場合、同じ側に体幹を曲げ、同じ側に回旋する。

神経支配

・肋間神経(T5~T12)、腸骨下腹神経、腸骨鼠径神経

・精巣挙筋(陰部大腿神経の陰部枝)

コメント

腹部をハの字方向の繊維で覆っています。外腹斜筋と協調し、体幹を回旋させます。外腹斜筋の深層に位置します。

腹直筋(Rectus abdominis)

起始

第5~7肋軟骨、胸骨の剣状突起

停止

恥骨(恥骨結節と恥骨結合の間)

作用

腰椎を前屈する、骨盤の前縁を挙上する(骨盤を後傾する)、呼気に働き、腹部の緊張を維持する。

神経支配

肋間神経(T5~T12)

コメント

腹部にある、板チョコを形作っている筋肉です。内腹斜筋と腹横筋の間の層に位置しますが、一部腹横筋の深層になります。

腹直筋を鍛えるには、背中、腰回りを丸める意識でやると効果的です。

腹横筋(Transversus abdominis)

起始

・第7~12肋骨の肋軟骨の内面

・胸腰筋膜の深葉

・腸骨稜の内唇

・鼠径靭帯の外側

停止

腹直筋鞘の後葉、白線

作用

両側が収縮すると、呼気に働き、腹部の緊張を維持する(腹圧負荷)、腹部を凹ませる。片側が収縮すると、同側に回旋する。

神経支配

・肋間神経(T5~T12)、腸骨下腹神経、腸骨鼠径神経、陰部大腿神経

コメント

腹部から背部まで水平向きの筋線維で覆っており、筋肉のコルセットを形成しています。あばら骨を締めたり、お腹をへこませるのも、この筋肉です。収縮することで、わずかに腹部を上下に伸ばします(丸めた粘土を握りしめると棒状になりますよね)。

腹部の最下層に位置しますが、腹直筋がへその下あたりから、トンネルの中に入っていくように腹横筋の深層に潜ります。

腰方形筋(Quadratus lumborum)

起始

腸骨稜

停止

第12肋骨、第1~4腰椎の肋骨突起

作用

両側が収縮すると、いきみ、呼気に働く。片側が収縮すると、同じ側に体幹を曲げる。

神経支配

肋下神経(第12肋間神経)

コメント

関節を外側に持ち上げることができるので、「股関節挙筋」と呼ばれることもあります。一方で、骨盤の高さの左右差の原因になりやすいです。

横隔膜をする筋肉でもあり、呼吸にも関連してきます。

腸腰筋(Iliopsoas)

腸腰筋は、大腰筋(Psoas major)と腸骨筋(Iliacus)の総称です。

起始

・大腰筋(浅層):第12胸椎から第1~4腰椎の椎体および椎間板の側面

・大腰筋(深層):第1~5腰椎の肋骨突起

・腸骨筋:腸骨窩

停止

腸腰筋としてどちらも大腿骨の小転子に付着

作用

・股関節:屈曲と外旋

・腰椎:片側の収縮は(大腿骨の屈曲とともに)体幹を同じ側に側屈する。両側の収縮は仰向けの状態から体幹を起こす。

神経支配

大腿神経および腰神経叢の枝(T12~L4)

コメント

2つの筋のうち、大腰筋のみが局所解剖的に腹壁の後筋に属しますが、機能的には、下肢帯の筋に分類されます。この記事では、大部分が体幹部にあるので、体幹の筋として分類しています。股関節屈筋として最も強力であり、長い収縮距離を持ちます。遅筋の割合が多い姿勢筋です。

大腰筋は横隔膜を通過するので、呼吸に関連してきます。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.