トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

脊柱起立筋

脊柱起立筋は、腸肋筋最長筋棘筋で構成されています。

腸肋筋

起始

・腰腸肋筋(Iliocostalis lumborum):仙、腸骨稜、胸腰筋膜

・胸腸肋筋(Iliocostalis thoracis):第7~12肋骨

・頸腸肋筋(Iliocostalis cervicis):第3~7肋骨

停止

・腰腸肋筋:第6~12肋骨、腸腰筋膜の深層、上位腰椎の横突起

・胸腸肋筋:第1~6肋骨

・頸腸肋筋:第4~6頸椎の横突起

作用

・筋全体:両側が収縮すると脊柱を伸展させる。片側が収縮した場合は、脊柱を同じ側に屈曲する。

神経支配

第8頸神経~第1腰神経の各後枝の外側枝

コメント

脊柱起立筋の中で、外側にあります。繊維の方向から、腰腸肋筋は骨盤に椎骨、肋骨を押さえつけるように、胸腸肋筋と頸腸肋筋はそれぞれの筋の中心に肋骨、椎骨を引き寄せて、安定させるように働きます。

最長筋

起始

・胸最長筋(Longissimus thoracis):仙骨、腸骨稜(腸肋筋と同じ筋膜を介する)、腰椎の棘突起、下位胸椎の横突起

・頸最長筋(Longissimus cervicis):第1~6胸椎の横突起

・頭最長筋(Longissimus capitis):第1~3胸椎の横突起、第4~7頸椎の横突起と関節突起

停止

・胸最長筋:第2~12肋骨、腰椎の肋骨突起、胸椎の横突起

・頸最長筋:第2~5頸椎の横突起

・頭最長筋:側頭骨の乳様突起

作用

筋全体:両側が収縮すると脊柱を伸展させる。片側が収縮した場合は、脊柱を同じ側に屈曲する。

頭最長筋:両側が収縮すると頭を後屈し、片側が収縮すると、頭を同じ側に屈曲、回旋する。

神経支配

第1頸神経~第5腰神経の各後枝の外側枝

コメント

脊柱起立筋の中で、腸肋筋と棘筋の間にあります。脊柱起立筋の中で、頭骨から骨盤まで付着している唯一の筋です。

最長筋は、繊維の方向からそれぞれ、胸最長筋は、骨盤に椎骨、肋骨を押さえつけるように、頭最長筋は頭蓋骨を頸椎に押さえつけるように、頸最長筋は、頸椎同士を上下で挟み込むように安定させています。

棘筋

起始

・胸棘筋(Spinalis thoracis):第10~12胸椎および第1~3腰椎の棘突起の外側面

・頸棘筋(Spinalis cervicis):第1~2胸椎および第5~7頸椎の棘突起

停止

・胸棘筋:第2~8胸椎の棘突起の外側面

・頸棘筋:第2~4頸椎の棘突起

作用

両側が収縮すると頸椎と胸椎を伸展させる。片側が収縮した場合は、頸椎と胸椎を同じ側に屈曲する。

神経支配

脊髄神経の後枝

コメント

脊柱起立筋の中で、内側にあります。繊維の方向から、頸棘筋は、頸椎下部を胸椎上部に押し付けるように、胸棘筋は、胸椎と腰椎を上下で挟み込むように安定させています。

脊柱起立筋についてのコメント

脊柱起立筋全体の特徴として、骨盤前傾に関与します。また、多くの人が短縮させやすく、腰痛などの原因になりやすいです。短縮させやすい理由は、人間の柱である脊柱を支える筋肉であり、無意識で使ってしまいやすいからです。この脊柱起立筋に対する負担をいかに分散させるかが、身体の使い方といっても過言ではないでしょう。

いろいろなつながり方をすることによって、脊柱と肋骨を安定させています。ただ、その性質は、脊柱起立筋に限らず、複数の脊椎と肋骨をつなぐ筋肉も同様です。




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.