トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

横隔膜

横隔膜(Diaphragm)

起始

・肋部:肋骨弓の下線(第7~12肋軟骨の内面)

・腰椎部(右、左脚)

→内側部:第1~3腰椎体、第2~3椎間円板、前縦靭帯

→外側部:第2腰椎椎体から肋骨突起の間に張る腰筋弓(内側弓状靭帯)、第2腰椎の肋骨突起と第12肋骨の先端の間に張る腰方形筋弓(外側弓状靭帯)

・胸骨部:剣状突起の後面

停止

中心(Central tendon)

作用

収縮によって胸郭を広げ、吸気を行う。また、腹腔内臓への加圧を助ける(腹圧負荷)。

神経支配

頸神経叢の横隔神経(C3~C5)

コメント

呼吸(横隔膜・胸郭呼吸運動)においてもっとも重要な筋です。腹腔上部にドーム状に存在しています。随意筋と不随意筋の両方の性質を持ちます。横隔膜収縮時は、膜が下方に下がり、胸郭を広げ、吸気を行います。

心臓の線維性の膜は、靭帯を介して腱中心に付着しています。そのため、心臓は呼吸に合わせて上下運動しています。つまり、横隔膜の動きが、直接心臓に影響を与えます。




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.