トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

足底筋群

足底筋群には、母趾外転筋、短母趾屈筋、母趾内転筋、小趾外転筋、短小趾屈筋、小趾対立筋、短趾屈筋、足底方形筋、第1~4虫様筋、第1~3底側間筋、第1~4背側骨間筋があります。これらの筋は足の内在筋(足部のなかに起始・停止をもつ)4つの層に構成されています。

足の裏の筋肉、第1層

足の裏の筋肉、第2層

足の裏の筋肉、第3層

 

 

母趾外転筋(Abductor hallucis)

起始

踵骨隆起の内側突起、足底

停止

内側種子骨を経由して母趾の基節骨底

作用

・母趾の中足趾節(MTP)関節:底屈、母趾を体中心方向へ外転

・縦足弓の保持

神経支配

内側足底神経(L5~S1)

コメント

外反母趾になっていると、この筋肉は弱化していることになります。外反母趾の対策として、その弱化を防ぐ必要があります。トレーニングの方法としては、足裏を地面につけ、さらに親指を地面につけたまま、ほかの4指をそらすという方法があります。母趾外転筋は、足部の内在筋第1層です。

短母趾屈筋(Flexor hallucis brevis)

起始

内側楔状骨、中間楔状骨、底側踵立方靭帯

停止

・内側頭:内側種子骨を経由して母趾の基節骨底

・外側頭:外側種子骨を経由して母趾の基節骨底

作用

・母趾の中足趾節(MTP)関節:底屈

・縦足弓の保持

神経支配

・内側頭:内側足底神経(L5~S1)
・外側頭:外側足底神経(S1、S2)

コメント

足部の内在筋第3層です。種子骨をうまく利用して、母指の屈曲トルクを生み出しています。

母趾内転筋(Adductor hallucis)

起始

・斜頭(oblique head):第2~4中足骨底、立方骨、外側楔状骨

・横頭(transverse head):第3~5趾の中足趾節(MTP)関節、深横中足靭帯

停止

両頭の腱が合体し外側種子骨を経由して母趾の基節骨底

作用

・母趾の中足趾節(MTP)関節:底屈、内転

・横足弓の保持(横頭)

・斜頭によって縦足弓の保持

神経支配

外側足底神経(S1、S2)

コメント

足部の内在筋第3層です。

小趾外転筋(Abductor digiti minimi)

起始

踵骨隆起の外側突起と側面、足底腱膜、第5中足骨粗面

停止

小趾の基節骨底

作用

・小趾の中足趾節(MTP)関節:底屈、小趾の外転
・縦足弓の保持

神経支配

外側足底神経(S1~S3)

コメント

足部の内在筋第1層です。第5中足骨は第4中足骨と強固に連結しており、小趾外転筋が第5中足骨粗面を後方に引いても外転することはありません。小趾外転筋は、第5中足骨粗面を起始とする部分と、踵骨を起始とする部分とが協働して、停止である小趾基節骨の外側底を引っ張り、小趾を外転させます。

短小趾屈筋(Flexor digiti minimi brevis)

起始

第5中足骨底、長足底靭帯

停止

小趾の基節骨底

作用

・小趾の中足趾節(MTP)関節:底屈

神経支配

外側足底神経(S1、S2)

コメント

足部の内在筋第3層です。名前に「短」がつかず、「小趾屈筋」と呼ぶ場合もあるようです。

小趾対立筋

起始

長足底靭帯、足底にある長腓骨筋の腱鞘

停止

第5中足骨

作用

第5中足骨を底側および内側にわずかに引く

神経支配

外側足底神経(S1、S2)

コメント

この筋肉は、資料によっては取り上げない場合もあるようです。小趾外転筋として扱われたりと、なんともかわいそうな筋です。

短趾屈筋(Flexor digitorum brevis)

起始

踵骨隆起の内側結節、足底腱膜

停止

第2~5趾の中足骨底側面

作用

・第2~5趾の中足趾節(MTP)関節、近位趾節間(PIP)関節:底屈

・縦足弓の保持

神経支配

内側足底神経(L5、S1)

足底方形筋(Quadratus plantae)

起始

踵骨隆起底面の内側縁、底側縁

停止

長趾屈筋腱の外側縁

作用

長趾屈筋の張力の補助および張力の方向を少し変える

神経支配

外側足底神経(S1、S2)

コメント

足部の内在筋第2層です。

第1~4虫様筋(lumbricals)

起始

長趾屈筋腱の内側縁

停止

第2~5趾の趾背腱膜

作用

・第2~5趾の中足趾節(MTP)関節:底屈

・第2~5趾の近位趾節間(PIP)関節、遠位趾節間(DIP)関節:背屈

・開いた趾を閉じる(第2~5趾を母趾側に内転させる。)

神経支配

・第1、2、(3)虫様筋:内側足底神経(S1~S3)

・第(2、3、)4虫様筋:外側足底神経(S1~S3)

コメント

足部の内在筋第2層です。

第1~3底側骨間筋

起始

第3~5中足骨の内側縁

停止

第3~5趾の基節骨底内側、第3~5趾の趾背腱膜

作用

・第3~5趾の中足趾節(MTP)関節:底屈

・第3~5趾の近位趾節間(PIP)関節、遠位趾節間(DIP)関節:背屈

・開いた趾を閉じる(第3~5趾を第2趾側に内転させる。)

神経支配

外側足底神経(S1、S2)

コメント

足部の内在筋第4層です。

第1~4背側骨間筋

起始

二頭に分かれ第1~5中足骨のお互いに向かい合った面

停止

・第1背側骨間筋:第2趾の基節骨底内側、第2趾の趾背腱膜

・第2~4背側骨間筋:第2~4の趾基節骨底内側、第2~4趾の趾背腱膜

作用

・第2~4趾の中足趾節(MTP)関節:底屈

・第2~4趾の近位趾節間(PIP)関節、遠位趾節間(DIP)関節:背屈

・趾を広げる(第3、4趾を第2趾から外転させる)

神経支配

外側足底神経(S1、S2)

コメント

足部の内在筋第4層です。

足底についてのコメント

足底について、一番大きな特徴といえるのが、「平らではない」ということです。足裏には縦アーチと横アーチがあり、土踏まずを形成しています。このアーチは、衝撃に対し、つぶれることで衝撃を逃がし、やわらげるために存在します。もし、足裏が平らだと、衝撃の逃げ場がなく、全身に衝撃が走ります。

 

そして、大きなアーチの集まりである土踏まずが、足裏の内側に形成されていることから、衝撃は内側にくることが想定されており、足裏の体重の乗り方も、少し内側寄りに乗せるべきことがうかがい知れます。

 

また、指の骨には単関節筋(隣り合う骨通しをつなぐ筋肉)がなく、指の骨たちは連動して機能するようにできています。




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.