トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

臀筋

臀筋と名のつく筋は、大臀筋(Gluteus maximus)、中臀筋(Gluteus medius)、小臀筋(Gluteus minimus)がある。

大臀筋

起始

後面の側方、腸骨の臀筋面の後方(後殿筋線の後方)、胸腰筋膜と仙結節靭帯

停止

・上部線維:腸脛靭帯

・下部線維:臀筋粗面

作用

筋全体:股関節伸展、外旋、前頭面における骨盤の安定

上部線維:股関節外転

下部線維:股関節内転

神経支配

下臀神経(L4~S2)

コメント

臀部を覆う一番大きな筋肉です。この発達した大殿筋のおかげで、二足直立になり、歩行ができています。ただ、軽い歩行ではあまり働かず、坂道を上がるとか、速足など強度があがってくると殿筋が働きます。つまり、しっかり股関節を伸展させる(脚を付け根から後ろに出す)ことができていれば、大殿筋を働かせることができるのです。

大殿筋が弱くなると、股関節の伸展を腰に頼ってしまうようになり、腰痛の原因になってしまいます。

人間の要ともいえる筋肉でしょう。

大殿筋はヒップラインの中部と下部を形成しているので、鍛えると、桃のような丸いふくらみのあるお尻にすることができます。

中臀筋

起始

腸骨の臀筋面(腸骨稜の下方で前臀筋線と後臀筋線との間)

停止

大腿骨の大転子の外側面

作用

筋全体:股関節外転、前頭面における骨盤の安定

前部線維:股関節屈曲、内旋

後部線維:股関節伸展、外旋

神経支配

上臀神経(L4~S1)

コメント

「股関節の三角筋」と呼ばれることもあるように、大腿骨の大転子の外側面を中心に、扇状に骨盤側面を覆っています。そのため、股関節の動きの大部分に関与します。

 

中殿筋をより感じられるのは、片足立ちのときです。片足立ちのときに、骨盤が挙げている方の足側に傾かないように安定させるためによく働きます。

 

中殿筋を鍛えることで、尻上と腰にしっかりと境目ができ、美しいヒップラインをつくることができます。

小臀筋

起始

腸骨の臀筋面(中臀筋の起始の下方)

停止

大腿骨の大転子の前面

作用

筋全体:股関節外転、前頭面における骨盤の安定

前部線維:股関節屈曲、内旋

後部線維:股関節伸展、外旋

神経支配

上臀神経(L4~S1)

コメント

中臀筋のさらに奥に、中臀筋とよく似て扇状に付着しています。なので、作用は中臀筋と似ており、中臀筋の作用を助けるように働きます。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.