トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

内転筋群

内転筋群には、恥筋(Pectineus)、長内転筋(Adductor longus)、短内転筋(Adductor brevis)、大内転筋(Adductor maguns)、小内転筋(Adductor minimus)、薄筋(Gracilis)がある。

恥骨筋(Pectineus)

起始

恥骨櫛(ちこつしつ)

停止

大腿骨の恥骨筋船、大腿骨粗面の近位部

作用

・股関節:内転、外旋、わずかな屈曲

・前頭面と矢状面における骨盤の安定

神経支配

大腿神経、閉鎖神経(L2~L4)

コメント

大腿骨の後面から恥骨の前方にかけて付着しているため、股関節0度からなら、わずかに股関節屈曲に働きます。

長内転筋(Adductor longus)

起始

恥骨上枝と恥骨結合の前面

停止

大腿骨粗線中央1/3内側唇

作用

・股関節:内転、屈曲(70度まで)、伸展(屈曲位80度以上の時)

・前頭面と矢状面における骨盤の安定

神経支配

閉鎖神経(L2~L4)

コメント

恥骨を介して、腹直筋と筋膜によってつながっています。

 

また、長内転筋は股関節屈曲度により、働きが変わります。足を前に出せば後ろに引くような力が働き、足が後ろにいったときは足を前に出そうと働く、歩行を助ける構造になっています。

短内転筋(Adductor brevis)

起始

恥骨下枝

停止

大腿骨粗線上部1/3内側唇

作用

・股関節:内転、屈曲(70度まで)、伸展(屈曲位80度以上の時)

・前頭面と矢状面における骨盤の安定

神経支配

閉鎖神経(L2~L4)

コメント

長内転筋と同じく、歩行を助ける役割を果たしています。

大内転筋(Adductor maguns)

起始

恥骨下枝、坐骨枝、坐骨結節

停止

・深部(筋性の付着):粗面の内側唇

・浅部(性の付着):大腿骨の内側上顆(内転筋結節)

作用

・股関節:内転、外旋、伸展(腱性の付着部によって股関節の内旋)

・前頭面と矢状面における骨盤の安定

神経支配

・深部:閉鎖神経(L2~L4)

・浅部:脛骨神経(L4、L5)

コメント

内転筋群の中で、唯一坐骨に起始を持ちます。さらに大内転筋の停止は二股になっており、浅部は大腿骨の少し前方に付着しています。このおかげで、股関節伸展に加えて、内旋の作用を持ち、歩行時に脚を後ろに蹴ったときに、股関節の外旋を防ぎ、脚がまっすぐ振れることを助けてくれます。

小内転筋(Adductor minimus)

起始

恥骨下枝

停止

粗線の内側唇

作用

股関節の内転、外旋、わずかな屈曲

神経支配

閉鎖神経(L2~L4)

コメント

大内転筋の起始部における分離筋です。分離筋といっても図で見ても、大内転筋との境目がわかりません。

薄筋(Gracilis)

起始

恥骨結合下方の恥骨下枝

停止

脛骨粗面内側に鵞足(浅鵞足)となり付着(縫工筋と半腱様筋の停止腱と合体)

作用

・股関節:内転と屈曲

・膝関節:屈曲と内旋

神経支配

閉鎖神経(L2~L4)

コメント

膝関節を超える唯一の内転筋です。大内転筋とともに、股関節内旋の作用を持つ内転筋でもあります。

内転筋群についてのコメント

内転筋群の特徴は、恥骨を中心に大腿骨に向かってカーテンのように広がって付着しています。このことにより、股関節の外転の様々な角度でも、内転させる力を発揮することができます。それだけ、股関節内転が重要である証拠ですね。

骨格筋全体でもそうなのですが、内転筋群も股関節外旋に働くものが多いです。方向転換をしたり、前額面でのバランスをとるのに都合がいいからでしょう。




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.