トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

下腿三頭筋

下腿三頭筋

下腿三頭筋は腓腹筋(Gastrocnemius:内側頭(medial head)、外側頭(lateral head))とヒラメ筋(Soleus)の総称です。

起始

・ヒラメ筋:腓頭と腓骨頸の後面、脛骨のヒラメ筋線およびこれと腓骨頭を結ぶ弓(=ヒラメ筋腱弓)

・腓腹筋:内側頭は大腿骨の内側上顆、外側頭は大腿骨外側上顆

停止

踵骨腱(アキレス腱)を介し踵骨隆起

作用

・距腿関節:底屈

・距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):内反(回外)

・膝関節:屈曲(腓腹筋)

神経支配

脛骨神経(S1、S2)

コメント

ヒラメ筋が単関節であるのに対し、腓腹筋は多関節筋です。そのため、トレーニングの際、ヒラメ筋を鍛える場合は膝をまげて足首の底屈、腓腹筋の場合は伸ばして底屈させます。腓腹筋は、膝を曲げちゃうと、張力が足りずに底屈に作用しにくくなってしまうんですね。

 

下腿三頭筋が固くなってくると、後ろ体重になりやすくため、バランスをとるために猫背になったりします。身体の下部である、足首に関係しているので、姿勢を左右する筋肉といっても過言ではないくらいです。これらの筋肉は使われやすく固くなりやすいので、よくストレッチしておくようにしましょう。




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.