トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

ハムストリングス

ハムストリングスには、大腿二頭筋、半膜様筋、半様筋があります。ハムストリングスの語源は、18世紀のイギリスにある当時の肉屋が、豚を膝後面の長い腱でつるし、店頭のウィンドウにさらしたことからとか、ハムを作るのにつるしていたところからきているといわれています。「ストリング」はひもという意味です。

大腿二頭筋(Biceps femoris)

起始

・長頭(long head):坐結節、仙結節靭帯(半腱様筋の起始と合体して総頭となる)

・短頭(short head):大腿骨中央部1/3における粗面の外側唇

停止

腓骨頭

作用

・股関節(長頭):内転、伸展、矢状面での骨盤の安定

・膝関節(筋全体):屈曲と外旋

神経支配

・脛骨神経、L5~S2(長頭)

・総腓骨神経、L5~S2(長頭)

コメント

ハムストリングスの中で、大腿二頭筋の短頭だけが唯一大腿骨に付着しています。

半膜様筋(Semi-membranosus)

起始

坐骨結節

停止

脛骨内側顆、斜膝窩靭帯、膝窩筋の筋膜(深鵞足)

作用

・股関節:内転、伸展、矢状面での骨盤の安定

・膝関節:屈曲と内旋

神経支配

脛骨神経(L5~S2)

コメント

半膜様筋という名前通り膜のように幅広く、半腱様筋を包み込むように位置します。

半腱様筋(Semi-tendinosus)

起始

坐骨結節と仙結節靭帯(大腿二頭筋の起始と合体して総頭となる)

停止

脛骨粗面内側に鵞足(浅鵞足)となり付着(薄筋および縫工筋の停止腱と合体)

作用

・股関節:内転、伸展、矢状面での骨盤の安定

・膝関節:屈曲と内旋

神経支配

脛骨神経(L5~S2)

コメント

起始・停止が他の筋肉の腱と合体しているので、保持の意味合いの強い筋肉なのでしょうか?

ハムストリングスについてのコメント

ハムストリングスは人間が直立を維持する上で重要な役割を果たしています。

ハムストリングスは大腿二頭筋の短頭を除き、坐骨と脛骨をつないでいます。そのため、脛骨が静(動かない)とき、ハムストリングスは骨盤を後傾させる働きがあります。ただ、骨盤上部から付着している殿筋に比べ、後傾させる力は強くありません。

骨盤の最下部である坐骨を下方へ引っ張り、骨盤が直立で安定するように保持することが、筋肉の形態からみえる「直立の維持」という重要な働きです。

このことは、大腿前方の筋群と比べて、筋肉数や大きさの差、大腿骨と脛骨に付着する単関節筋(今回の場合、膝を曲げることのみに特化した筋肉)が、大腿二頭筋の短頭しかない(膝関節を屈曲する作用がある単関節筋については、膝窩筋も存在しますが、膝を屈曲させるには短いし、小さい)ことからもわかります。

ハムストリングスは、膝を曲げるという動く機能よりも、膝を伸ばして直立で立ったときに骨盤を安定させていることこそが一番重要なのです。

座っていることが多い、時間が長かったりすると、ハムストリングスは固くなりやすいです。そうなると、骨盤の安定を崩して腰を痛めたり、膝にストレスを与えてしまって膝を痛めてしまったりしやすいので、普段から気を付けてストレッチするようにしましょう。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.