トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

上腕三頭筋

上腕三頭筋(Triceps brachii)

起始

・長頭(long head):肩甲関節下結節

・内側頭(lateral head):橈骨神経溝よりも遠位の上腕骨後面、および内側上腕筋間中隔

・外側頭(medial head):橈骨神経溝よりも近位の上腕骨後面、および外側上腕筋間中隔

停止

尺骨の肘頭

作用

・肘関節に対して:伸展

・肩関節に対して:上腕の後方挙上と内転(長頭)

神経支配

橈骨神経(C6~C8)

コメント

肘屈曲の筋肉である、上腕二頭筋、上腕筋を合体させた、膝伸展バージョンのような筋肉です。ただし、こちらは三頭のうち二頭は上腕骨に付着しているのに対し、屈曲側は、肩甲骨に対して二頭付着しています。

スポーツやトレーニングしていないと、使われにくい筋肉なので、弱化しやすいです。ただ、背中の筋肉が弱いのに、いい姿勢を保とうとして、硬くなったり、痛めたりすることもあるようです。

長頭が肩甲骨に付着しているので、肩甲骨を寄せることで、肩の伸展(腕を身体よりも後ろに引く動き)がしやすくなります。

パソコン作業のように机に向かって作業しているときに、肘を外側に開くような癖があると、外側頭が固くなりやすいです。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.