トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

三角筋

三角筋(Deltoid)

起始

・前部(鎖部、clavicular part):鎖骨の外側1/3

・中部(肩峰部、acromial part):肩峰

・後部(肩甲棘、spinal part):肩甲棘

停止

上腕骨の三角筋粗面

作用

・前部:上腕の前方挙上(上腕と肩と前に押し出す)、内旋、内転

・中部:上腕の外転

・後部:上腕の後方挙上(上腕と肩を後方に引く)、外旋、内転

※60~90度の外転位では、前部と後部は、中部の外転作用を補助する。

神経支配

腋窩神経(C5、C6)

コメント

関節を覆うように付着しています。股関節でいう中臀筋のように、腕を色んな方向へ動かす役割を果たしています。

作用にある、「60~90度の外転位では、前部と後部は、中部の外転作用を補助する」というのは、三角筋それぞれの位置関係から、前部、後部は、基本的に肩関節内転に作用しますが、60度以上の外転になると、付着の位置関係から、内転に働いていた作用がそのまま外転に作用しだすことを意味しています。




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.