トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

筋肉がつくのは。。。~筋肉は身体にとってお荷物~

筋肉はなぜつくのか?

 

トレーニングをしている者なら、誰しもが気になることだと思います。

 

そして、筋肉をつける方法として、人により、様々な持論があると思います。

 

タンパク質が必要だとか、きついトレーニングが必要だとか、超回復のたまの休息だとか。

 

この記事では、僕の筋肉をつけるための持論を書いていきたいと思います。

 

まず、前提として、生命の維持から考えると、なるべく筋肉はつけたくないのです。

 

なぜなら、筋肉がつくと身体が重くなりやすく、身体を動かすのに無駄にエネルギーを消費しやすいし、筋肉自体に余計なエネルギーが使われます。

 

これは、生命の維持にとってはマイナスです。それだけ、生命維持の可能性を小さくしてしまいますから。

 

車でも、大きい車より小さい車のほうが、燃費が安く、維持しやすいですよね。

 

なので、筋肉が大きくなるということは、身体が筋肉の搭載を選ぶのは、高いエネルギーという対価を支払ってでも、筋肉が体にとって必要だと判断したからです。

そう判断するために、必要なのは、身体に筋肉をつける必要性を教えることなのです。これが筋肉がつこうとするきっかけになります。この必要性を与えるためには、筋肉に対し、継続的に負荷を与え(これがトレーニング)、このままでは、生命生存をさせるのに耐えられないので、パワーアップが必要である、と認識させないといけません。

 

ただ、このパワーアップも、上記の生命維持の観点から、最小限の範囲で行われます。

 

だからこそ、筋肥大はトレーニングを開始してもすぐには起こりません。トレーニングにより、まず起こるのは、神経伝達改善による筋肉の発揮する力の向上です。神経伝達改善であれば、筋肉を大きくすることなくパワーアップすることができるからです。

 

この神経伝達改善を経てもなお、強度な負荷にさらされ続けた場合にようやく筋肥大が起こります。なので、トレーニングを開始してから筋肉が大きくなるまで、時間がかかるといわれています。

 

そして、負荷がかからなくなって(トレーニングをやめて)しばらく経つと、筋肉は次第に必要最小限の範囲に小さくなっていきます。

 

一度筋肉を大きくした場合、その筋肉が必要となる負荷がまたいつかかるかわからないので、筋肉がたとえ小さくなったとしても、負荷の再来によって(トレーニング再開によって)一度ついたところまでは簡単に戻すことができます。

 

以上から、筋肉をつけるためには、とにかく筋肉に負荷を与え続ける必要があります。そのためには、できるだけ勢いをつけることなく、できるだけ重い重量で、筋収縮力を最大限負荷をかけてあげる必要があります。スロートレーニングは、この勢いを使わせず、筋収縮力を使わせることに主眼を置いたトレーニングであるといえます。

 

僕の場合は、ただ筋肉を大きくするのではなく、「力」を大きくしたいので、勢いはできるだけ利用しながら、最大限重い負荷を使ってトレーニングするようにしています。

 

では、筋肉が使われたという認識は、何をもってなされるのでしょうか?僕はこのことに対して明確な答えをまだ持っていませんが、筋肉の損傷であったり、疲労物質の蓄積、酸素不足具合、などが挙げられるかなと思います。ちなみに、この中の酸素不足状態に目をつけたのが加圧トレーニングであると考えます。

 

ここまでをまとめると、筋肉をつけるためには、身体(脳)に筋肉をつける必要性を伝えることが必要です。トレーニングは、この筋肉をつける必要性を伝える行為であると考えることができます。

 

スポーツを練習するとうまくなるのと同様に、継続的に行われることは、脳がそれを造作なくできるように身体を調整していきます。なので、自分の目的に合わせ、トレーニングを変えていかなければなりません。たとえば、大きな力を発揮したいなら、重い重量で、筋持久力をつけたいなら軽い重量でも長い時間筋収縮力を発揮するようなトレーニングをしてあげるといった具合に。

 

だからこそ、トレーニングの目的は重要であるし、トレーニング方法はその目的に適した形で行われることが必須です。

 

トレーニング理論で、〇〇レップから〇〇レップは筋肥大などの数字が挙げられていると思いますが、それらはあくまで目安であり、数字に惑わされすぎずトレーニングするようにしましょう。筋力アップのレップ数でも、筋肥大はします。

 

 

と、持論を書いてみましたが、いかがでしょうか?よかったらあなたの持論も教えてくださいね。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.