トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

運動にかかわる反射について

反射とは、動物の生理作用のうち、特定の刺激に対する反応として意識されることなく起こるものをいいます。

 

反射自体にはさまざまな種類がありますが、このページでは、管理人がよく聞く、運動にかかわってくるだろう反射をまとめました。

 

自己抑制(自動性抑制)…筋肉が収縮して筋肉の長さが短くなりすぎた時に、その収縮し短くなりすぎた筋肉の長さを戻すために弛緩するという反射です。筋肉ととを繋いでいる部が緊張しすぎると筋肉を弛緩させる反射が起きます(そして、これに拮抗する筋肉にはそれを興奮させるような反射が起きます)。この反射は本来、筋が過度に強く収縮し骨から付着部が裂離するのを防いでいる防御的な反応です。刺激を受容するのは、ゴルジ腱器官です。

 

相反性抑制…動かそうとしている主な筋肉(主働筋)が動作を起こしやすい様に、その主働筋とは逆の働きをする筋肉(拮抗筋)が弛緩する反射のことをいいます。

 

姿勢反射重力と身体の位置関係からなる反応のことをいいます。体位・平衡・移動動作を含みます。簡単に言うと、無意識にでも姿勢を保つための反射です。

○局在性静位反射

 

伸張反射…伸張反射とは、筋肉(骨格筋)が急激に引き伸ばされる、または他動的に引き伸ばされると、その筋肉が無意識に収縮する反射のことをいいます。引き伸ばされるという刺激を受容するのは筋肉の中にある筋紡錘という受容器です。

 

・屈曲反射…四肢の皮膚を強く刺激すると、刺激された肢の屈筋群が収縮してその肢が屈曲する、刺激が強ければいくつかの関節が全部屈曲し、体幹に向かって折りたたまれるようになる反射のことをいいます。これは、外部からの強い力などによって生じる身体の障害を避けるために、身体組織の侵害要因から遠ざかろうとする反射です。刺激の受容器は皮膚です。

 

・陽性支持反射…起き上がると下肢に支える力が入る反応のことをいいます。足を浮かすと抜ける反応です。

 

○分節性静位反射

 

・交叉性伸展反射…屈曲反射をおこすような、侵害刺激がくわわったとき刺激と反対側の肢に伸展運動があらわれる反射をいいます。これは屈曲反射がおこったときに反対側の肢で体重をささえる役割があります。

 

・交差性屈曲反射…詳しい説明にたどり着けないので細かい話はわかりませんが、交差性伸展反射の逆で、一方の肢が伸張反射した場合、逆の肢に屈曲運動があらわれると考えられます。歩行動作に関係しているみたいです。

 

○全身性静位反射

 

対称性緊張性頚反射…顎を上げたり引いたりしておこる反射のことをいいます。顎を引くことで、上肢は屈曲しやすくなり、下肢は伸展しやすくなります。自転車を必死に漕いでいるときに顎がどうしても下がろうとするのはそのためです。逆にいえば、自転車を漕ぐときに顎を引いてやれば力が入りやすくなります。一方、顎を上げることで、上肢が伸展しやすくなり、下肢が屈曲しやすくなります。スナッチ姿勢がちょうどこの状態にあたりますね。

 

非対称性緊張性頚反射…顔を左右にむけると(首を回すと)おこる反射です。顔を向けた側は伸展しやすくなり、後頭部の側は屈曲しやすくなります。投球や弓をひく姿勢が近いですね。あと、志村けんさんの変なおじさんの踊りも首の回りが少ないながらも、まさにこの反射に即して踊っているように見えます。

 

緊張性迷路反射…仰向けかうつ伏せがで出る反射のことをいいます。仰向けだと、伸筋群が優位になり、背中が反りやすくなります。寝転んで体を伸ばそうとするとき、無意識で仰向けになってると思います。一方、うつ伏せだと、屈筋群が優位になり、背中が丸まりやすくなります。正常乳児で仰向けで四肢の緊張が増加し、うつ伏せで減少します。正常で5~6ヶ月で反応減少します。

 

・立ち直り反射…元の姿勢に戻ろうとする反応のことをいいます。頭・頚・体の運動反射や視性反射等により元の姿勢を保とうとします。頭部の位置を水平に保つ反射行動です。

 

○平衡運動反応

 

・踏み直り反応…立位で押された時に踏ん張って転ばないように直る反応のことをいいます。

 

・跳び直り反応…押された反対方向に跳び跳ねて姿勢を保つ反応のことをいいます。

 

・シーソー反応…片足立ちで浮かせた足を引っ張ると、転ばないように力を入れて踏ん張り姿勢を保つ反応のことをいいます。

 

・傾斜反応…体位や姿勢に関係なく傾いた地面でも重力に対して平衡を保とうとする反応のことをいいます。

 

・保護伸展…突然に認識した危険状態(たとえば転びそうになったとき)に対し、手足を伸ばして頭や体を防御する反応のことをいいます。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.