トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

人の身体は筒である(カロリーのとらえ方)

身体の体重管理として、一番よく見られる単位はcal(カロリー)ではないでしょうか?

 

あれを食べたら〇〇kcal(キロカロリー)摂取、食べ過ぎたから運動しよう〇〇kcal消費!などのようによく使われてますね。

 

食事や運動を管理するにあたって、kcalを計算するのは大事なことだと思います。

 

ただし、数字に惑わされすぎるのも気を付けなければなりません。

 

というのも、人が食べた食物のカロリーがすべて身体に入るわけではありません。

 

どういうことかというと、食物は、口から体内に入り、食道、胃や腸を通り、必要なものは消化吸収され、不要物は便として出ていきます。つまり、消化吸収されなければ、身体に入ったとは言えないのです。もっというと、口から腸に至る通路は、体外であるといえます。

人の身体には管が通っており、よって、本記事のタイトルに書いたとおり、人の身体は「筒」であるといえます。筒に食べ物を詰め込むだけでは、カロリーが体内に入ったとはいえず、筒に同化(吸収されて)はじめてカロリーが体内に入ったといえます。

 

100kcalの食物を口にしたとして、そのうち何kcalが体内に吸収されたか正確に測ることはできません(僕が知らないだけかも、あったら教えてください)。たとえ、同じ人間が同じものを同じ量食べたとしても、吸収されるカロリーは体調などにより変化するでしょう。

 

また、運動での消費カロリーも同様に、筋肉量その他の体組成により、同じ運動をしても消費カロリーが変わります。体組成の測定も、人の体を解剖して測らない限り、推定値でしかありません。

 

すなわち、摂取カロリーも消費カロリーも正確な数値を出すことができるわけでなく、あくまで推定値でしかないのです。

 

なので、数値にこだわりすぎず、おおまかなカロリーをとらえる目安程度に思っているほうがいいでしょう。

 

あまり数字ばかり気にとられるとストレスでドカ食いしちゃいますよ(笑)




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.