トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

微量栄養素

微量栄養素とは、食事で摂取すべき量が非常に少ない(mg、あるいはそれよりも小さな単位で示される)栄養素です。これに対して主要栄養素などは多量栄養素といいます。主な微量栄養素としてビタミンとミネラルが挙げられるので、ここではこれらについて説明します。

 

ビタミン

ビタミンは、有機物質(炭素原子を含む)で体内では合成されません。必要量はごく少量であり、種類ごとに特定の代謝機能を持ちます。ビタミンは水溶性と脂溶性に分類されます。脂溶性ビタミンは、ビタミンA、D、E、Kの4種類のみで、油脂類と同時摂取することで体内吸収率を高めることができま す。過剰に摂取すると体内に蓄積され、頭痛、吐き気など身体に変調をきたすことがあります。一方、水溶性ビタミンは(ビタミンB1、B2、B6、B12、 パントテン酸、葉酸、ナイアシン、ビオチン、ビタミンCの9種類)、大量に摂取した場合でも不要分は体外に排出され、過剰摂取による副作用はほとんどあり ません。また、水溶性ビタミンの特徴として、長時間の水洗いでビタミンが流出してしまうことや、加熱によって破壊されてしまうため、調理方法に注意する必要 があります。ビタミンは、タンパク質、糖質、脂質がエネルギーに変換される際の代謝サイクルに必要不可欠な栄養素であると共に、それぞれのビタミンが異なる身体機能維持に作用して体を健康な状態に保ちます。そのため、十分に摂取できない状況が続くと、欠乏症と呼ばれる健康障害を引き起こすことになるのです。代表的なものは、ビタミンA欠乏症である夜盲症、D欠乏症のくる病(幼児のみ)、B1欠乏症の反射神経異常(「かっけ」として知られています)などです。

 

ちなみに、有機物質とは、燃えると二酸化炭素を発生する物質・加熱すると黒くこげて炭になる物質のことをいいます。それ以外の物質は無機物質といいます。

ミネラル

ミネラルは、生体を構成する主要な4元素(酸素、炭素、水素、窒素)以外の元素の総称であり、無機質です。ビタミンが元素から作られる有機化合物であるのに対し、ミネラルは元素そのものです。人間の身体に必要とされるミネラルは16種類とされ、これらを必須ミネラルと呼びます。ビタミン同様に、体の機能維持や調整に重要な役割を担っているミネラルは、1日あたりの必要量によって多量ミネラル(macro-minerals)7種類と微量ミネラル(trace- minerals)9種類に分けられています。多量ミネラルに分類されるのは、カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、ナトリウム、マグネシウムで、こ れらはや歯の形成のほか、神経細胞や筋肉細胞に電気的な興奮を伝える事で情報伝達や筋肉運動を行う機能に深く関与しているため、電解質ミネラルとも呼ばれています。微量ミネラルは、鉄、亜鉛、銅、マンガン、クロム、ヨウ素、セレン、モリブデン、コバルトをさします。コラーゲンの合成・炭水化物の代謝、体内の酸素の運搬などに関係しているミネラルです。ミネラルの欠乏症として知られる代表的なものは、鉄、銅の欠乏による貧血カルシウムの欠乏によるくる病 (幼児のみ)や骨軟化症、ヨウ素の欠乏による甲状腺腫やクレチン病などです。ミネラルは摂取量が不足している時のみならず、過剰摂取によっても様々な過剰症中毒を起こすものがあります。

 

まとめ

微量栄養素って考えるとすごいですよね。ほんのわずかの量で身体に影響を与えるんですから。もしかしたら、微量栄養素を活用することが、強い身体への近道なのかもしれません。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.