トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

中医学と東洋医学との違い

中医学を人に伝えるとき、東洋医学っていうとイメージしてもらいやすいので、僕も人にいうときは中医学のこと「東洋医学」と呼んでいます。ただ、自分自身、「東洋医学と中医学は違うだろうなー」と思いつつあまりちゃんと調べてきませんでした。なんとなく、東洋医学の中のひとつに中医学があるんだろうなーくらいでした。

 

今回、中医学と東洋医学について調べてみました。

 

まず、東洋医学は、中医学、韓方医学・漢方医学・アーユルベーダ・ユナニなど各国の伝統医学が含まれているそうです。

 

一方、中医学は、実はChineseMedicineとして国際的に通用するそうです。ちなみに、WHO(世界保健機関)でも中医学の知見のひとつである経穴(ツボ)の有効性が認められ、経穴の位置の世界基準が決められています。

 

経穴の話は、日本の鍼灸にも出てくるし、日本でよく漢方が扱われたりしますが、これらは、中医学でいう経穴や漢方とはどうやら違うようです。

 

一番大きな違いは、中医学では、弁証論治(西洋医学的には診断)から中薬(漢方)・鍼灸・推拿(中医学による整体法)の使い方を分けているところです。虚証(患者さんが虚弱の証)ならば、虚証に対して治療方法は補充をする補法をする。補充のツボ、中薬をどの五臓六腑に使うかは中医学基礎理論を基に行っていきます。日本の東洋医学ではこのような過程はありません。

以上が、簡単な中医学と東洋医学の違いです。詳しくは以下のウェブサイトを覗いてみてください。

参考

AllAbout「中国と日本では、東洋医学の考え方が違う?

ヘルプレ「意外に知られていない「漢方」と「中医学」の違いとは?

知られざる中国伝統医学の推拿療法とは!?「中国医学と東洋医学の違い

 

長い時間と経験の中から生み出され、体系化された中医学の理論には、トレーニングや身体つくりに生かせる考え方がたくさん出てきます。

 

ぜひあなたも中医学を学んで、トレーニングに活かしてみてください。学ぶなら『やさしい中医学入門』という本がおすすめですよ!




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.