トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

変位と速度と加速度

変位とは、物体が運動して位置が変わったとき、その位置の変化量をいいます。

 

速度とは、運動のスピードのことをいいます。もっというと、単位時間当たりの変位の変化量のこといいます。

 

速度は、変位を時間で割ったものです。速度はベクトルで表され、単位は [m/s](メートル毎秒)や [km/h](キロメートル毎時)。たとえば3[m/s]といったら1秒間当たり3mずつ変位が増える(移動する)という意味です。
ちなみに、「速度」を「速さ」と言ってはいけません。その理由は、速度を表すのはベクトルで、速さを表すのはスカラーだからです。

ベクトルスカラーは、大きさを表す量ですが、ベクトルが向きも含めて表すのに、対して、スカラーは向きは含めず大きさだけを表します。

 

つまり、速度が表現されるときは、向きもあらわされているのに対し、速さには向きが決まっていません。

 

一般に、速度というと、大地に立った観測者から見た物体の運動の速度、あるいは静止している基準点から見た物体の運動の速度のことをいいます。一方、運動している物体が2つ(A、B)あって、どちらかに観測者が乗っていてもう片方の物体を見ているとすると、静止している基準点から見たときの速度とは違ってきます。このときの物体Aから見た物体Bの速度を、Aに対するBの相対速度といいます。

 

加速度とは加速の度合いのことをいいます。もっというと、単位時間当たりの速度の変化量のことをいいます。加速度は、速度を時間で割ったものです。単位は [m/s2](メートル毎秒毎秒)や [km/h2](キロメートル毎時毎時)。たとえば3[m/s2]といったら1秒間当たり3[m/s]ずつ速度が増すという意味です。

 

加速度が一定の運動を等加速度運動といいます。このうち一直線上の運動である場合を等加速度直線運動といいます。もし、この場合の「加速度」がスカラーでなくベクトルだとすれば「加速度が一定」というのはその大きさも向きも一定という意味ですから、等加速度運動 = 等加速度直線運動 です。

 

 




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.