トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

パンプアップ

筋肉が運動することによる乳酸などの代謝物が蓄積に対して、浸透圧を一定に保つため、水分が筋肉内に入り込んでたまり、一時的に太くなる状態のことをいいます。

 

トレーニングした後に筋肉がパンパンに張る、あの状態のことですね。トレーニーの中にはこのパンプアップをトレーニングが効果的にできたかどうかの基準にしている人が多いようです。

 

よくどれくらいパンプアップしたかを自慢されることがあります(笑)

 

浸透圧を一定に保つというのは、そこに溶け込んでいるものの濃度を一定に保つことをいいます。

 

パンプアップにおいては、筋肉内に乳酸などの代謝物が蓄積されると、それらの濃度が上がるので、この濃度を薄めるために水を集めようとする作用が起こります。

 

そのため、筋肉内に水分が集まり、筋肉が太くなったように見えるのですね。

 

パンプアップから20~30分もすれば、元の状態に戻ります。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.