トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

トレーニング動作の範囲

フルレンジ…基本的には、最大可動域のことをいいます。トレーニングをする際、最大可動域を用いることで最大のトレーニング効果をあげることができると一般的には言われています。しかし、管理人はそう思いません。詳しくはトレーニング動作はどんな重量でもフルレンジで行われるべきか?を見てください。

 

パーシャルレンジ…部分的な可動域のことをいいます。筋肉は負荷がかかればかかるほど、張力がかかるため、可動範囲が狭くなります。あえて、パーシャルレンジで動作するトレーニング法もあります。

 

僕自身は、トレーニングのセットの中で、最初の余裕のあるうちはフルレンジで行い、終盤のきつくなってきたときにパーシャルレンジに切り替えるみたいに、動作範囲を使い分けています。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.