トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

トレーニング分類用語

コアエクササイズ…2つ以上の主要な関節の動作を含んでおり、1つ以上の大筋群または部位が動員されるエクササイズをいいます。たとえば、ベンチプレススクワットが挙げれらます。

 

補助エクササイズ1つの主要な関節の動作で、より小さな筋群あるいは1つの大筋群や部位だけを動員するエクササイズのことをいいます。たとえば、レッグエクステンションが挙げられます。

構造的エクササイズ体幹(脊柱)を圧迫し、下背部に負担がかかるエクササイズをいいます。たとえば、スクワットが挙げられます。

 

多関節エクササイズ動作中に複数の関節が関係するエクササイズのことをいいます。たとえば、ベンチプレスがこれにあたります。

 

単関節エクササイズ動作中に1つの関節しか関係しないエクササイズをいいます。たとえば、レッグエクステンションがこれにあたります。

 

オープンキネティックチェーンエクササイズ…肢体の遠位端が固定されておらず、関節の動きが自由な状態で行う運動のことをいいます。クローズドキネティックチェーンエクササイズと対になっていますが、その境界はあいまいで定義が一定されていない印象です。足の裏に負荷がかかっていない状態で行うエクササイズはだいたいこれにあたると考えたらいいと思います。

 

クローズドキネティックチェーンエクササイズ…肢体の遠位端が固定され、関節の動きが制限されている状態で行う運動のことをいいます。オープンキネティックチェーンエクササイズと対になっていますが、その境界はあいまいで定義が一定されていない印象です。足の裏に負荷がかかっていない状態で行うエクササイズはだいたいこれにあたると考えたらいいと思います。

 

※キネティックチェーンについては管理人も考えることがあります。詳しくはこちらのページ

 

 




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




本を出版しています!詳細は画像をクリック!

LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.