トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

トレーニングはなぜ3セットか?

フィットネスクラブでは、一般的にトレーニングを3セットで案内することが多いですが、どうしてでしょうか?

 

脳は、持っている能力の10%ほどしか働いていないとよく言われますが、筋肉も同じなのです。筋肉は、たとえ自分では全力を出しているつもりでも、実は、筋肉は本来持っている力の30~40%くらいしか発揮していません。これは。筋肉が常に全力を出していると、自らの力で筋線維が肉離れを起こしたり、が切れてしまって怪我をする可能性があるため、これを防止するための機能と言われています。

 

筋肉はたくさんの筋線維の集まりですが、1本1本の筋肉は発揮する力を調節できず、「収縮のON、OFF」しかできません。つまり、ある筋肉が10%の力しか発揮していないときには、その筋肉を構成する筋線維のうち、10%しかONになっていないということです。

 

トレーニングで筋肥大を目的に行う場合、最大筋力の80%を目安に行いますが、実は、その80%は本来筋肉がもっている力の40%のうちの80%であり、40%×80%=32%の力しか発揮しておらず、つまり、約30%の筋線維しか収縮していないのです。

 

なので、1セットだけでは、収縮しない筋線維が残ってしまう可能性があるのです。

逆にいえば、1セットで約30%の筋線維が収縮するので、3セット行えばほぼ100%近い筋線維を収縮させることができるという考え方です。これが、3セットの根拠になっています。

 

トレーニングを長期間継続していけば、上記の40%を50%や60%と上げていくことができ、少ないセットでよりたくさんの筋線維を動かすことができるようになるそうです。

 

逆に、トレーニング初心者では力を出し切れない場合があるため、3セットでは少ない可能性があります。

 

3セットはあくまで目安で、慣れてきたら自分で最適なセット数を探していったほうがいいと思います。

 

 



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.