トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

ウェイトベルト

ウェイトベルトは、トレーニング時の傷害予防のため、また、腹圧が高まって体幹が安定することによって挙上重量が上がるというメリットのために装着します。

 

腹圧が低いと、脊柱を支える力が弱くなってしまうため、下手をすると腰を痛める原因になります。

 

ダンノ(DANNO) ウェイトリフティングベルトDX LL D639

新品価格
¥15,390から
(2014/11/29 01:31時点)

↑こんなやつです。

 

とくに、スクワットデッドリフトなど、下背部に負担のかかりやすいトレーニングで使います。

 

ただ、競技で使用する場合を除き、個人的に僕はウェイトベルトの使用はあまりおすすめしません。

 

それは、ウェイトベルトをつけることにより、腹横筋などの腹圧を自分で高める機能が向上せず、傷害のリスクが挙上重量が増えるごとにますます増加してしまうからです。

 

なので、ベルトの装着は最大挙上重量に挑戦する場合など、極力最小限度にとどめ、挙上重量増加とともに、体幹の安定力を成長させていけるようにしたほうがいいと思います。



LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.