トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

【動画あり】胸をしっかり鍛えるための腕立て伏せの練習法


トレーニングは、鍛える部位が大まかに決まっています。アームカールなら上腕二頭筋、レッグエクステンションなら大腿四頭筋、レッグカールならハムストリングスというように。

 

そして、腕立て伏せの場合は、「胸」です。

 

トレーニングの際には、それら鍛える部位を意識することがトレーニング原則にもある通り、効果的なトレーニングをするために重要であるとされてます。

 

もちろん、多くのトレーニングにおいてそれは重要なことなのです。

 

しかし、逆に意識しないほうがうまくトレーニングできる場合があります。腕立て伏せがまさにその例です。ベンチプレスもそうですね。

 

参考<ベンチプレスベンチプレスは胸を意識しなくていい~使う筋肉を意識する弊害~>

 

フリーウェイトでは意識しないほうがうまくいく場合が多いです。これは、床以外の補助が基本的にないため、トレーニング動作以外に「負荷をいかに自分の身体に負担がないように受け止めるか」ということを考えなければならないからです。

 

マシントレーニングの場合は、できるだけトレーニング動作以外のところは負担が少なくなるように背もたれなど、身体を固定するようなつくりになっています。

 

大胸筋の作用による腕の軌道は、胸のを中心に身体の外側から胸の前に円を描くような動きになるので、胸を意識してトレーニングしたい場合は、そのような軌道をとりやすいケーブルを用いた方法がおすすめです。

 




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

You Tubeで動画公開しています!

LINEで送る
Pocket

筋トレの常識を疑う




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

ま~さんはパーソナルトレーナーしています!

筋トレの常識を疑う




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.