現代では、インターネットもあるので、様々な情報が、個人からでも発信できるようになっています。

 

また、出版社から出される本やテレビによる番組など、営利行為として情報発信するメディアもあります。

 

そのため、いい悪い、正しい誤り問わず様々な情報が飛び交っています。

 

なので、受け手側が、受け取る情報の正確性や善悪を自分で確かめて、見極めなければなりません。

 

そのように、ネットによる情報を正しく利用する能力をネットリテラシーなんて言ったりするようです。

 

そのネットリテラシーがあること前提になりますが、僕がおすすめしたい情報源があります。

 

それは、個人出版の本や、2ちゃんねるです。

 

え?と思われる人もいるかもしれません。

 

確かに正確性に問題が多いこともありますが、ものの見方がおもしろい。

 

テレビなどは、広告主に遠慮して、発信する情報に制限があったり、考え方を誘導しようとする向きが見られますが、個人発信だとそのようなことは少ないです。

 

逆にみれば、正確性が小さくても発信できるという点はメリットですらあります。

 

とくに、利益のからまない2ちゃんねるは、発言がオブラートに包まれていない場合が多いので、発信者のストレートな考えを知ることができます。

 

また、自分の気づかなかったようなことがスレッドやタイトルにされたりして、いろいろな気づきをもたらしてくれます。

 

毛嫌いされることも多い個人の情報でも、受け手側の受け取り方によっては、有益な情報になることもあるのです。



LINEで送る
Pocket