トレーニング、身体、そして身体の動かし方について考えるサイトです。

鼻の先から尻尾までー神経内科医の生物学

筋肉を収縮させるのは神経で伝達される指令(信号)です。だからこそ、最近は神経系、とくに運動神経に興味があるんですよね。本サイトでも、「運動単位」という記事が総合閲覧数の4位になっている(2016年7月27日時点)ことから、トレーニングをしている人たちにとっても、注目しているところなのでしょうか。

 

本書は、神経内科医によって書かれた本です。神経について勉強するとっかかりになるかなと思って読みました。

 

内容は、著者が、日々の診療や生活、研究の中で出てきた様々な疑問に対して、著者の研究結果や経験を通して、結論を書いたものです。

 

それはいいのですが、僕は大事なところを見落としていました。

 

この本のサブタイトルにある「神経内科の生物学」という言葉を。

 

「生物学」なので、神経に関する事項と、生物の特徴、進化との関連性について書かれたもので、トレーニングに直接関連する内容はありませんでした。

 

ただ、著者の師匠の教え(本書p62)は、トレーニングを追究するため、トレーナーとして進歩していくために有意義なものでした。

 

また、肩こりの簡単な解消法など、神経に関すること以外にも身体にかかわることがところどころ書かれていたのがおもしろかったです。

 

読書をする利点というのは、知識を得るだけでなく、その著者の経験や、思い、師匠など先人から伝わった教えというものを得られるところも大きいということをあらためて思い知らされました。

 

ちなみに、神経の話はある程度神経のことがわかっていないと読め進めにくいと思います。

 

この師匠の教えや、肩こり解消法に興味あるならば、ぜひ読んでみてください。

 

鼻の先から尻尾までー神経内科医の生物学

新品価格
¥3,024から
(2016/7/25 23:50時点)



LINEで送る
Pocket

本・ツールのレビュー




LINE@

最新情報やお役立ち情報をお届けします!PCの方はクリックするとQRコードが表示されるので、スマートフォンでLINEアプリを開き、コードを読み取って追加してください!
友だち追加

Twitter(バナークリックでリンク)

大阪でパーソナルトレーナーをお探しならクリック

本・ツールのレビュー




PAGETOP
Copyright © 筋トレの常識を疑え! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.