デッドリフトの動きは、ベンチプレススクワットと違って、下してから挙げるというわけではなく、最初から挙げていくので、いわゆるポジティブな種目になります。

 

なので、1回だけ挙上することに関しては、バーベルの重さを受け止めるという過程がありません。そのためか、ベンチプレスやスクワットに比べて負荷を高めに設定することができます。

 

ただ、一つの難点として、ベンチプレス・スクワットが、バーベルを身体に「載せておく」のに対して、デッドリフトは「引き上げ」るので、バーベルをつかんでおく握力が挙げられます。

 

デッドリフトで一番に限界を迎えるのは握力です。握力に負荷を合わせてしまうと、殿筋や背筋をしっかり使いきることができません。そこで、握力を補助するツールが必要になってきます。

 

そこで、僕が買ったのが

ゴールドジム パワーグリッププロ G3710 Mサイズ

新品価格
¥8,964から
(2017/5/15 15:32時点)

です。サイズはS・M・Lとありますが、友人が持っていたのがMサイズだったので、Mにしました。ただ、つけてみると意外とマジックテープがあまるくらい大きかったので、ほとんどの人はSでも問題ないと思います。

 

このツールはバーにゴム状のベロを巻き付けて使うので、巻き付けの保持とゴムとの摩擦力で、少しの握力で重い重量を保持することができます。

 

これで、しっかりデッドリフトで重い重量を扱うことができます。僕の場合は、軽いうちは素手で行い、握力が耐えられなくなってきたら、パワーグリッププロを使うことにしています。

 

使い方はまた別のページに書きたいと思います。

 

下はSサイズとLサイズです。

GOLDS GYM ゴールドジム パワーグリッププロ G3710 リフティングストラップ S

新品価格
¥8,553から
(2017/5/15 15:33時点)

GOLD’S GYM(ゴールドジム) パワーブリッププロ G3710 SIZE/L

新品価格
¥7,990から
(2017/5/15 15:36時点)




著作『思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~』

常識を疑うための参考にぜひお読みください!

思考のプロセスについて~「考える」とは何をすることか~

You Tubeで動画公開しています!

LINEで送る
Pocket